商売繁盛の秘訣を公開!!
連絡先 082-847-2091
メールでのお問い合わせはこちら
営業時間 9:00〜16:00 休:土日祝祭


※ノウハウの内容は、あくまで販売方法の提案であり、効果を保証するものではありません。

FAXDMで集客する方法

 

1通、十数円。
FAXDMは、とても安価な販促手段です。
リストをレンタルしても、1通二十数円でFAXDMを送ることができます。

法人の新規開拓にとても有効な集客手段です。
うまく活用すれば、短期間に数百社を超えるリストを手に入れることができます。

これから、FAXDMを使って効果的に集客する方法をご紹介します。

 

 


FAXDMは、2すってっぷマーケティングに徹する


FAXDMは2ステップマーケティングに効果を発揮します。
2ステップマーケティングとは、資料請求やサンプル請求など、
商品を売り込む前にワンクッションおくマーケティングのことです。

なぜ、2ステップマーケティングに向いているのか?

それは、FAXできる枚数が限られているからです。
通常、FAXDMはA4用紙1枚だけを送信します。
知らない会社からFAXDMが送られてきて、相手も警戒していますし、
白黒のA4用紙1枚で商品を購入させるのは、非常に難しいからです。

FAXDMは、
「こういう小冊子があります」
「こういうサンプルがあります」と、
まず、相手にリスクがゼロである提案をし、その後、
資料請求やサンプル請求してくれた方にセールスをするのが効率的です。

 

 

このページのTOPへ

FAXDMの反応率を収益性の計算  


FAXDMの反応率は0,1%〜0,5%が平均値です。
1%あれば大成功です。 (業界や提供するものによって、反応率は変化します)

FAXDMで集客する場合、目安として、
0,3%前後の反応率で採算が取れるビジネスを考えてください。
1000件送って3件の資料請求がある。という状態です。

仮に、リストを借りて〜24円で送ったとします。
(リストの持込であれば、もっと安いです)
1000件×24円÷3件=8,000円です。
1件の資料請求を得るのに8,000円かかったことになります。
また、資料請求のうち、10件中1件が契約に至った場合、
80,000円で1件の成約となります。
(送料やサンプル代がかかりますから、実際にはまだコストはかかります)

1件あたり年間数十万円の取引ができるビジネスなら、大いに活用できます。

このように、 反応率と成約率をシュミレーションすることは、とても重要です。
そして、実際に行ってみて、採算が合うか、合わないか。
合わないとしたら、FAXDMの反応率が悪いのか、
それとも資料請求後の成約率が悪いのか。
原因を突き止めて、改善するのです。

この作業も、とても重要です。
仮説→実行→改善を繰り返すのです。

FAXDMを始める前にシュミレーションを行い、
実際の結果の検証を必ず行うようにしてください。

 

 

このページのTOPへ

 


FAXDMは、コストが安いこと以外にも特徴があります。

1つは、DMのように封筒の開封の必要がないことです。
そのため、FAXDMはほぼ100%読まれることになります。
つまり、FAXDMに書かれている内容が、反応率を決定します。

もう1つの特徴は、時間を指定できることです。
FAXDM代行業者を使用すれば、
曜日と時間を指定して送ることが出来ます。
これは、DMにはない特徴です。
実は、これは大きな意味があります。

送り先の企業によっては、時間や曜日によって、
忙しかったり、暇だったりします。
曜日や時間帯によって、反応率が変わるのです。

また、売りたい商品によっては、月末が良い場合もあるでしょうし、決算が近いときが良い場合もあるでしょう。
商品特性と相手の都合を考え、適切なタイミングで送ることで、反応率を上げることができます。

 

 

このページのTOPへ

FAXDMの反応率が上がる書き方  


FAXDMは文章力で勝負がほぼ決まります。
タイミング2割、文章力8割と考えてもいいぐらいです。

あなたの会社では、FAXDMが届いたとき、どんなものから捨てていきますか?
まず、チラシ風のFAXDMは、捨てると思います。

FAXDMで情報を送る際に、チラシを送っても、あまり反応はありません。

FAXDMでは、手紙を送らなくてはいけません。
あなたの会社に、チラシがFAXされてきたのと、
手紙がFAXされてきたのとでは、どちらを読みますか?手紙ですよね。
手紙風に情報を書いたものをセールスレターといいます。

セールスレターを送ることで、読んでもらえる確率は飛躍的に上がります。

ぜひ、チラシ風ではなく、レター風のFAXDMを送ってください。

 

 

このページのTOPへ

FAXDMの反応率を上げる2つのキーワード  


FAXDMの反応率を上げるキーワードが2つあります。

それは、「無料」「限定」です。
FAXDMは、2ステップマーケティングですから、
「無料サンプル」または「無料レポート」や「無料小冊子」などが、とても反応がいいのです。
お客様には、一切のリスクがありませんからね。

そして、「無料サンプル」や「無料レポート」が限定であれば、なおさら反応が高まります。
「先着300名限定で無料サンプルを差し上げます」と明記するだけで、反応率が変わってくるのです。

FAXDMを行う時は、必ず「無料」と「限定」を入れてください。

2つのキーワードがあれば、FAXDMの成功率は上がります。

 

 

このページのTOPへ

FAXDMで法人を新規開拓する注意点  


法人へのFAXDMは、まずリストの収集から始まります。
また、企業規模が大きい場合は、電話番号とFAX番号が違います。
リストを何らかの方法で収集するか、FAXDM代行業者からリストを借りてFAXするか、のどちらかです。

送信枚数は1枚が好ましいです。
どんなに多くても2枚以内です。
それ以上FAXするのは、既存客であれば許されますが、
新規開拓の為に3枚以上FAXをするのは、常識を外しています。

FAXDMは相手の紙とインク代を使って送信してますので、
常識のあるFAXDMをしなくてはなりません。

 

 

このページのTOPへ

 


自営業者は、電話番号とFAX番号が同じことが多いです。
そのため、FAX番号が分からなくても、
電話番号にFAXすると、送信される可能性が高くなります。

ちなみに電話番号は、iタウンページhttp://itp.ne.jp/
Yahoo電話帳http://phonebook.yahoo.co.jp/で検索できます。

注意点として、自営業者へのFAXDMは、1枚だけにしてください。
自営業者へFAXDMを送ると、クレームがきます。
1枚だけの送信でもクレームはきます。
それが2枚以上になれば、さらに多くなります。

自営業者は、家庭用の電話兼用FAX機を使っていることが多く、
そのためFAXDMを送信すると、相手は電話に出なくてはいけません。
FAX自動受信機能が付いていても、 ベル音が電話と同じだからです。

そのため、受話器を取って「ピーピー」という受信音が流れてから、
受信ボタンを押して受信することになります。

これでは、仕事中に受話器をとる手間をかけさせてしまいます。
仕事の手を止めて、受信したFAXがDMだったら、クレームも言いたくなりますよね。
クレームの多くは、「もう送ってくるな」というFAXでの返信か、直接電話がかかってきます。

クレームでへこたれていては事業はできません。
とは言っても、クレームはないに越したことはありませんよね。
次はクレームを減らす方法をお話します。

 

 

このページのTOPへ

クレームの電話をなくす方法  


クレームで一番ストレスなのは電話です。
FAXでの返信で「もう、送ってくるな」というのは、 たいしてストレスではありません。
しかし、電話で直接文句を言われるのは、たまりません。
精神的に弱い人は、FAXDM恐怖症になってしまうかもしれません。

私がいろいろテストをした結果、クレームの電話を減らす方法を見つけました。
とてもカンタンです。
それは、FAXDMの中に、 【□もうFAXを送らないで欲しい】というチェック欄を設けたのです。

以前は、
【今後、お知らせが必要でない方は店名、FAX番号と「FAX不要」とご記入の上、ご返信下さい】と、
返信方法の一言は添えてありましたが、チェック欄を追加したら、電話でのクレームがかなり減ったのです。
ほとんど方がFAXで返信してくるようになりました。

必ず、同じようにチェック欄と返信方法を用意してください。

それと、FAXDMの送信サービスを行う会社にもよって違うと思いますが、
FAXDM送信会社が使う機械には、自動再ダイヤル機能があります。
この自動再ダイヤル機能というのは、留守だったり、回線が使用中だったりして、
FAXDMが送れなかったときに、再度ダイヤルし直すという機能です。

これがクレームの元になることがあるのです。
特に自営業者が使っている家庭用FAX機だと、何度もFAXDMを受信してしまうことがあります。
おそらく、自動再ダイヤル機能が働き、受信しているにも関わらず、再度FAXDMを送りつけてしまっているのです。
「何度も、FAXDMを送ってくるな!インク代がもったいないだろ」
「もう、同じ物が3枚も届いているんですけど、嫌がらせですか」と、クレームが入ります。
対処法は、FAXDMの送信サービスをしている会社に「1コールだけでお願いします」と言うことです。
ただし、クレームは減りますが、受信する件数も1割ぐらい減ります。(自営業者の場合)
私は、迷惑をおかけするのも嫌ですし、クレームを受けるのも嫌でしたので、1コールだけでお願いしていました。

 

 

このページのTOPへ

まとめ  


FAXDMは、私の一番好きな販促手段です。
注文が立て続けに送られてくる、あの快感は忘れられません。
レスポンスも早く、FAXDMを送る時間になるたびに、ワクワクしています。
ぜひ、あなたも同じ快感を味わってください。
あなたが、FAXDMで成功することを願っております。

返金保証付きのFAXDM原稿作成
反応率の高い原稿を書いて欲しい方は、クリックしてください。

 


 

このページのTOPへ

今すぐメールマガジンのご登録を! Eメールのアドレスをご登録下さい。
売れるセールスレター7つの原則売れるキャッチコピー13の法則集客を成功させる方法お客様が流出する3つの原因マーケティング戦略
客単価を上げる5つの方法DMで売上を上げる方法FAXDMで集客する方法口コミで新規客を集客する方法 | 売上を上げる名刺の作り方
商品コンセプトの作り方USPの作り方、見つけ方 | 0(ゼロ)円で集客、販促する方法 | 正しい割引の使い方 | キュレーションする3つの視点
好感、信頼、尊敬される方法 | facebookページの活用法


このページのTOPへ
商売繁盛TOP商売繁盛コラムマーケティングプロフィール会社概要プライバシーポリシー特定商取引法サイトマップ
Copyright 2009SHOUBAISEKKEI Co.,Ltd. All Rights Reserved.