「掃除を徹底する企業は儲かる」って本当?

まことしやかに伝わる企業神話の一つに、「掃除」があります。
「掃除を徹底している企業は儲かっている」「トイレが綺麗な企業は黒字」など、こんな話を耳にしたことはありませんか?

冷静に考えてみれば、何の因果関係も示していない論理です。なぜ「掃除⇒儲かる」になるのか、その理路が見えません。占いやスピリチュアルみたいな話に聞こえてきます。

私も徹底的に掃除をした経験があります。毎日30分、年4回の大掃除を会社で行いました。その経験から言えることは、「掃除をすると儲かる」は真実です。ですが、その理由を「金運が上がるから」などと言うつもりはありません。それなりに論理的な理由があります。理由を一言で表わせば、掃除を通じて“仕事脳”を養えるからです。「掃除⇒仕事脳アップ⇒生産性向上⇒儲かる」になるのです。決して、「運が良くなる」といった類の話ではありません。

ここからは、もう少し噛み砕いて説明します。
これまでは便宜上「掃除」と言ってきました。より具体的に説明するために「掃除」を「整理・整頓・掃除」に区別します。この整理と整頓と掃除は、目的が違います。そして、鍛えている仕事脳も違うのです。

では、一つずつ説明していきます。

 

 

1. 整理


整理とは、「捨てること」です。
ここで大切になるのは、捨てる基準です。多くの人は、誤解をしています。古い物や使えない物を捨てるのだと考えているのです。違います。「使っていない物」を捨てるのです。新品でも使っていなければ捨てます。

これは戦略脳に通じます。戦略とは、「集中すべき事以外は“捨てる”」だからです。半端なものは捨てなくてはいけません。

たとえば、戦略脳のない会社は、地域戦略を実行できません。「いや、あそこには若干お客さんがいる」と考えて、地域外のエリアを捨てられずにいるのです。

戦略脳は、整理(捨てる)を通じて養えます。「取っといても損はないけれど、使っていないから捨てる」。この感覚を意識して整理をしてください。

 

 

2. 整頓


整頓とは、「仕事をし易く整える」です。具体的に言うと、“何がどこに置かれているかが、誰が見ても分かるようにする”ことです。「古参の○○さんしかどこに置いてあるか分かりません」は、整頓が行き届いていない会社です。社内で「共有」できなければ整頓とは言えないのです。

これは仕組み脳に通じます。仕組みとは、「誰がやっても同じ成果が出るようにすること」です。そのためには、何をどうやればいいのかが誰でも分かるようにしていなくてはいけません。

たとえば、仕組みのない会社は、クレームが入った際の対応は、担当者の裁量に委ねられます。受け答えはもちろん、対処のクオリティも担当者によって変わってしまいます。

仕組み脳は、整頓を通じて養えます。「裁量の余地を限りなくゼロに近づける」「能力による結果の差を限りなくゼロに近づける」。この感覚を意識して整頓をしてください。

 

 

3. 掃除


掃除とは、「綺麗にすること」です。見えない部分のホコリや汚れを落としていきます。綺麗な環境が当たり前になると、次第に汚れた環境が気持ち悪くなります。

これは美意識に通じます。美意識が育てば、仕事でも細かい部分にまでこだわるようになります。いい意味で妥協しなくなるのです。「神は細部に宿る」。細かい部分にこだわってこそ、完成度の高い仕事ができるのです。

たとえば、美意識のない人は校正もしていないブログ記事を平気でアップします。誤字脱字などの細かい点に気が回らないのです。妥協した仕事をいくら量をこなしても質は向上しません。

美意識は、掃除を通じて美意識を養えます。「見えないところも綺麗にする」「今まで以上に綺麗にする」。この感覚を意識して掃除をしてください。

 

 

まとめ


「整理=戦略」「整頓=仕組み」「掃除=美意識」
このように、整理・整頓・掃除は仕事脳を作る教育機会なのです。社員一人ひとりの能力や意識の向上が仕事のパフォーマンスを上げ、売上に寄与します。まずは、1日30分、年2回以上の大掃除を実践してみてください。

 

 

関連書籍


朝30分の掃除から儲かる会社に変わる

 

 

関連サービス

個人事業主・中小企業を対象にしたマーケティング相談(電話・スカイプ)は、こちら。

 

関連記事

1日10秒で読めるメールマガジン

中小企業に特化したマーケティング&セールスがすべて学べる!
「客単価を倍にする一言」「口コミが生まれる5つの条件」「販促効果を倍増させる7種の限定性」「ニュースに取り上げられる8つの企画」「売れるネーミング7つの条件」「新商品をヒット商品にする2つの方法」「新規事業の成否を決める3要素」「集客商品に必要な5つの条件」など、商売に役立つ情報を毎日(365日間)配信。

今すぐ、ご登録を!