ビジュアルメッセージの重要性

今回は、ビジュアルメッセージについて話をします。
私は、女性向け商品の販促物の添削依頼を受けました。
その販促物のほとんどは文章だけで構成されており、商品写真などのビジュアルメッセージは全くありませんでした。
文章だけの販促物がいけないというわけではありません。ただ、対象顧客や商品によっては、写真やイラストを積極的に利用したほうが良い場合があります。

今回の例のように、対象が女性の場合は特にそうです。
女性は男性と比べると、文章を読みません。文章ばかりが並んでいると読まなくなります。そうなると、元も子もありません。

また、販売する商品によっても、表現は異なります。
たとえば、装飾関連商品のように、ビジュアルが商品価値に直結しているものは、 ビジュアルメッセージが必要になります。
こういった商品の場合は、写真やイラストで商品の魅力を伝え、文章で使用感を訴えるほうがいいです。そうすることで、魅力が伝わる読みやすい販促物を作ることができます。

対象顧客、そして商品によって、ビジュアルメッセージの重要性は変わってくるのです。
自社の販促物は対象顧客と商品類に合ったものなのか、一度見直してみてはいかがでしょうか。

 

関連記事

1日10秒で読めるメールマガジン

中小企業に特化したマーケティング&セールスがすべて学べる!
「客単価を倍にする一言」「口コミが生まれる5つの条件」「販促効果を倍増させる7種の限定性」「ニュースに取り上げられる8つの企画」「売れるネーミング7つの条件」「新商品をヒット商品にする2つの方法」「新規事業の成否を決める3要素」「集客商品に必要な5つの条件」など、商売に役立つ情報を毎日(365日間)配信。

今すぐ、ご登録を!