ニュースネタをブログネタにしなさい

ブログネタは、ニュースから拾えます。
ニュースは視聴率が取れるネタを取り上げているため、ブログネタとして扱っても読者の関心を引けます。

扱いやすいネタは、経済系です。
たとえば、企業の不祥事ネタ。経営者の立場からどう見たのかをブログで綴っていきます。

経済系のネタは、その日か、もっても1週間程度です。もう少し長いスパン(1~3ヶ月)のネタを扱いたいと思えば、ドラマ、映画、小説などのエンタメ系が有用です。これらのネタも仕事に繋げていきます。

たとえば、「昨夜放送の○○(ドラマ)を見ましたか。登場人物Aがした心遣いに私は心を打たれました。Aは△△の場面で~~をしました。こうした心遣いができたのは、きっと登場人物Bを大切に思っているからでしょうね。観ていて思ったのですが、自社のサービスではどうなのか。こうした心遣いが行き届いているのかと……」といった感じです。

こんなことを書いている私ですが、実は家にはテレビがありません。それでも、出先で見るニュースやドラマだけでも、「あっ、これはネタになるな」と思うわけです。SNSで回ってくるネットニュースを見ているだけでも、ネタに事欠きません。きっと、無意識に仕事と結び付けているのでしょうね。

テレビやネットから流れてくるニュースをネタにできれば、ネタに困ることは一生ありません。旬の話題を仕事に繋げていくというのは、思考力強化にも有効です。ぜひ、チャレンジしてみてください。

 

関連記事

5,000名が購読!! 1日10秒で読めるマーケッター養成メルマガ

中小企業に特化したマーケティングがすべて学べる!
「客単価を倍にする一言」「口コミが生まれる5つの条件」「販促効果を倍増させる7種の限定性」「ニュースに取り上げられる8つの企画」「売れるネーミング7つの条件」「新商品をヒット商品にする2つの方法」「新規事業の成否を決める3要素」「集客商品に必要な5つの条件」などの商売繁盛に役立つノウハウを毎日(365日間)配信。

今すぐ、ご登録を!