ココナラに学ぶ、インパクトのある事業コンセプトの作り方

人の目を引きつけ、記憶に残る事業コンセプトには共通点があります。
それは、“価格”をコンセプトにしている点です。

近年、注目を集めたマッチングサイトがあります。「ココナラ」です。
ココナラのコンセプトを一言で言えば、「知識・スキルを500円で売り買いできるマッチングサイト」です。2012年7月の立ち上げから、約半年で4万人以上のユーザーを獲得しました。19ジャンル5,000件以上の出品があります。

ココナラが創業するずっと以前から、マッチングサイトはWEB上にいくつもありました。それにも関わらず、なぜ、後発組のココナラが台頭することができたのでしょうか。その理由は、価格の“500円”にあります。

実は、マッチングサイトで一番不便だったのは、価格とクオリティの兼ね合いです。同じ仕事を依頼するにしても、従来は、価格もクオリティも出品者によってまちまちでした。そのため、依頼する側は出品者選びにだいぶ頭を悩ませていたのです。

それが、価格を一律500円にしたことにより、出品者選びに費やすエネルギーをだいぶ軽減できるようになりました。また、500円と安価なため、失敗のリスクも最小限に抑えられます。このように、価格をコンセプトに入れることで、同業他社と一線を画することができます。

ほかの例を挙げれば、「10分1000円カット」を売りにするQBハウス です。価格と時間を明朗にしたコンセプトは、理容業界の常識を覆しました。今では、480店舗を展開する、業界で最も大きいチェーン店です。

誰もが一度は利用経験のある100円ショップも同じです。「100円」を前面に出したコンセプトは脚光を浴びました。今では、国内に約2,700店舗を構えています。

コンセプト作りで最も大切なことは、分かりやすさです。分かりにくいコンセプトは伝わりません。これは、コンセプトに限らずマーケティング全般に言えることです。
そして、コンセプトを分かりやすくする一番の方法は、数字を用いることです。特に価格は一番強力な数字です。価格がネックになっている業界ほど、そのインパクトは増します。

あなたの会社でも、数字(価格)を打ち出した事業コンセプトを考えてみてはいかがでしょうか?

 

関連教材

独自性のある新規事業の立ち上げ方

 

関連記事

1日10秒で読めるメールマガジン

中小企業に特化したマーケティング&セールスがすべて学べる!
「客単価を倍にする一言」「口コミが生まれる5つの条件」「販促効果を倍増させる7種の限定性」「ニュースに取り上げられる8つの企画」「売れるネーミング7つの条件」「新商品をヒット商品にする2つの方法」「新規事業の成否を決める3要素」「集客商品に必要な5つの条件」など、商売に役立つ情報を毎日(365日間)配信。

今すぐ、ご登録を!