Facebook広告から考察する「比較検討」から抜け出す方法

私がセミナー集客を行う際、必ず活用するのがFacebook広告です。CVRは平均2%、セミナーによっては4%あります。なぜ、4%ものCVRが出せるのか。様々な要因があります。とりわけ大きな要因となっているのは“広告”です。Facebook広告には、他のネット広告にはない特徴があります。それは、「無比較」です。

検索エンジンは、入力したキーワードに合ったサイトや広告がいくつも表示されます。ここで何が起きるか。比較検討です。ユーザーは、いくつものサイトを巡回、比較検討してから商品を選びます。楽天やAmazonでも同じです。

なぜ、比較検討が起きるか。
それは、情報が一カ所に集まっているからです。情報には、「一カ所に集まると比較される」という特性があります。情報が一カ所に集まるサービスやシステム、または集まる場には、必然的にこの特性が働きます。ビジネスの外、たとえば学校でも同様です。

学校では、クラスや学年で成績が比較され、受験時には他校の生徒とも比較されます。先ほど言った特性が働いているからです。人は、この特性から逃れられません。人と比べられない生き方をしたければ、誰もいない場に行くことです。それしか方法はありません。

Facebook広告が他の広告に比べて反応が高いのは、同類の広告が表示されないからです。そのためユーザーは、「どれを選ぶか」ではなく、「これを選ぶかどうか」の選択になります。

この事象には、重要なヒントが隠れています。
比較検討から逃れたければ、「情報が一箇所に集中していない場」に行くことです。ビジネス現場では、情報が一箇所に集中すると必ず価格競争が起きます。フリーペーパーが割引券だらけなのは、情報が一カ所に集中し過ぎているからです。

今、LINE@が販促効果の高いツールとして注目されつつあります。メルマガの10倍とも評されています。効果が高い理由は簡単です。同業社で始めている企業がまだ少なく、比較されないからです。LINE@も、導入する同業社が増え、同業種を比較するサービスが出てきたら、効果は下がるでしょう。

自社の商品・サービスが比較されない場はどこにあるのか、どのようにすればいいのかなど、一考してみる価値は十分にあります。ぜひ、このコラムを競争脱却の足がかりにしてください。

 

関連教材

セミナー集客を成功に導く! 非常識なFacebookマーケティング

あなたのお店を満席にする! LINE@集客セミナー

 

関連記事

1日10秒で読めるメールマガジン

中小企業に特化したマーケティング&セールスがすべて学べる!
「客単価を倍にする一言」「口コミが生まれる5つの条件」「販促効果を倍増させる7種の限定性」「ニュースに取り上げられる8つの企画」「売れるネーミング7つの条件」「新商品をヒット商品にする2つの方法」「新規事業の成否を決める3要素」「集客商品に必要な5つの条件」など、商売に役立つ情報を毎日(365日間)配信。

今すぐ、ご登録を!