原価が値上がりしたら、商品価格を上げるチャンス

商品には「原価」があります。
商品によっては、為替の変動、石油価格の高騰などの理由から、原価が値上がりすることがあります。何の対策も講じなければ、ただただ利益を圧迫するだけです。

原価の値上がりは、商人にとって頭の痛い話です。
対策は、2通りあります。商品価格の「据え置き」か「値上げ」です。

据え置きする場合は、ほかの原価を落として帳尻を合わせるか、ほかの仕入れ先を探して原価率を維持するなどの対策があります。これは、大切な企業努力です。

ですが私は、値上げをお勧めします。
なぜなら、「原価の値上がりのため」という正当な理由を持って、商品価格の値上げができるからです。

「客離れが心配」という声が聞こえてきそうですね。
お察しの通り、一定数の客離れは起きます。しかし、それ以上の収益が実は見込めるのです。

商品価格の値上げは、みなさんが思っているほど、怖いものでもなければ、売り上げを下げるものでもありません。その逆です。やり方次第では、売り上げに大きく貢献します。

具体的には、次のように対策をします。
まず、商品価格を値上げする前に、大々的に告知をします。
「○月○日から、△△△円が□□□円になります。今すぐ、まとめ買いしてください」と。この告知をするだけで、定価にも関わらず飛ぶように売れていきます。
なぜなら、値上げを控えた商品の「今ならこの価格で買えます」は、値引き販売の「今なら安いです」と同じ意味だからです。お客様はどちらも、“今買わないと損”と感じるのです。

大量に注文が入ってきたら、次の一手を打ちます。
「在庫が切れました。お求めの方はご予約ください。○月○日までにご予約された分は、今までの価格でご提供します。ただしお一人様○個までです」。この二手を打つだけで、数ヶ月分の商品が売れていきます。

このような売り方を、私は過去に何度もしてきました。
1ヶ月で2~3ヶ月分の商品が売れ、その後は、ぴたりと商品が出なくなります。しかし、数ヶ月もすると注文が入り始め、半年もすると、注文数は以前とほとんど変わらなくなっています。客離れがさほど起きないのは、まとめ買いすることで、長く商品を使い続けることになり、習慣化してしまうからでしょう。

値上げは、販促のチャンスです。
やり方次第では、売り上げを増やし、客離れを最小限に留めることができるのです。ぜひ、参考にしてください。

 

関連記事

1日10秒で読めるメールマガジン

中小企業に特化したマーケティング&セールスがすべて学べる!
「客単価を倍にする一言」「口コミが生まれる5つの条件」「販促効果を倍増させる7種の限定性」「ニュースに取り上げられる8つの企画」「売れるネーミング7つの条件」「新商品をヒット商品にする2つの方法」「新規事業の成否を決める3要素」「集客商品に必要な5つの条件」など、商売に役立つ情報を毎日(365日間)配信。

今すぐ、ご登録を!