「分かりやすさ」は、構成力や表現力よりも“切り口”が重要

「深井さんの書く文章は分かりやすいですね」。コラム読者から一番多く寄せられる声です。「分かりやすい」といった評価は、素直に嬉しいです。特に私の場合、文章をはじめ、コンテンツ制作で最も意識しているのが「分かりやすさ」だからです。
今回は、私が考える「分かりやすさ」について解説していきます。

 

 

「分かりやすさ」には、3つの階層(レイヤー)がある


「分かりやすさ」には、3つの階層(レイヤー)があると考えています。

 

切り口レベル

どこを切り口にして話を展開するのか。立体形は、斜め上から見れば立体形と分かりますが、正面から見るとただの四角に見えてしまいます。如何に全体像が見える斜め上の切り口を見つけられるか。ここで勝負の8割が決まります。切り口をいい加減に考えたものは、抜きん出た「分かりやすさ」を見出すことはできません。

 

構成レベル

何をどの順番で伝えるのか。頭に入りやすい構成であれば、よどみなく流れる川のように情報が頭に入ってきます。分かりやすい構成は、一度読めば何がどこに書いてあったのか、おおよそ思い出せますが、分かりにくい構成は、何がどこに書いてあったのか思い出せません。当然、頭にも残っていません。構成が下手なのは、そもそも筆者自身の理解が浅いという場合が多いです。上手く構成が思いつかない場合は、自分の理解度を一度疑うようにしてください。

 

表現レベル

どう表現したら伝わりやすいか。頭に映像が浮かぶような比喩表現、音楽の演奏を聴いているような耳に心地よい言葉の配列。このような文章は、読んでいて気持ちが良いです。表現レベルはセンスを問われる部分ではありますが、不愉快な表現がなく、冗長な文章でなければ問題ありません。中には、懸命に表現力を鍛えようとする人がいますが、それは、小説家やエッセイストを目指す人だけでいいです。実用文章では、そこまで気にする必要はありません。

 

以上の3つの階層によって「分かりやすさ」が決まります。特に、切り口は分かりやすさを決定づけます。この点について、事例を交えながら、もう少し詳しく解説していきます。

 

 

「切り口」は、いわば企画力


まずは、私が販売している教材を例に解説します。
私は教材を制作する前に、制作しようと思っているテーマと類似した教材や書籍を購入します。競合が考えついていない切り口を見つけるためです。

「口コミ&紹介設計法 教材CD」を制作する前も、口コミや紹介販売に関するあらゆる書籍や教材を購入しました。その結果分かったのは、口コミと紹介の違いを説明しているものが一つもない、ということです。
ここに目を付けた私は、口コミと紹介の違い(メカニズム)を明確にし、対比させることで、深い理解を与えるようにしました。思惑通り、教材購入者からは、「口コミと紹介の違いが分かった」「非常に分かりやすい」との感想が届きました。

続いては、ベストセラーを例に解説します。
さおだけ屋はなぜ潰れないのか?』(著者 山田真哉)は、ユニークかつ素朴な疑問を切り口にして会計を解説した本です。『もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの「マネジメント」を読んだら』(著者 岩崎 夏海)は、女子マネージャーの視点という切り口から「マネジメント」を解説した本です。

二冊に共通していることは、今までにない切り口からテーマを分かりやすく解説できている点です。誤解してほしくないのは、“今までにない切り口であればよい”という意味ではありません。変わった切り口にしたため、かえって分かりにくくなってしまった本は数え切れないほどあります。目的と手段を間違えるとそうなります。結果的にユニークな切り口になることはあるかもしれませんが、目的は、分かりやすく伝えることです。そのために、切り口を探すのです。

分かりやすく解説できる“切り口”を見つけられる能力は、「企画力」とも言えます。この企画力を持っている人が、分かりやすい文章やコンテンツを生み出せるのです。文法・構成・表現力を意味する「文章力」を鍛えることよりもずっと大切なことです。

さてあなたは、文章やコンテンツを作る際、「切り口」から考えているでしょうか? 「どんな切り口だと分かりやすくなるのか」という観点から思考してみてください。

 

関連記事

6,100名が購読!! 1日10秒で読める商売繁盛365の知恵

中小企業に特化したマーケティングがすべて学べる!
「客単価を倍にする一言」「口コミが生まれる5つの条件」「販促効果を倍増させる7種の限定性」「ニュースに取り上げられる8つの企画」「売れるネーミング7つの条件」「新商品をヒット商品にする2つの方法」「新規事業の成否を決める3要素」「集客商品に必要な5つの条件」などの商売繁盛に役立つノウハウを毎日(365日間)配信。

今すぐ、ご登録を!