CVR2%を維持しているLPの秘密

私の弟子の一人である石田貴大氏から嬉しい報告をいただきました。それは、LPのCVR(コンバージョン率)が2%を維持できるようになったというものです。

まずは、2%に達するまでの変遷をお伝えします。
石田氏は、私の教材「売れる文章設計法」を購入してLPを自作。当初は1%に手が届かず、私のもとへ相談にきました。LPを見て私は「もう一回、教材を聞き直したほうがいいよ。肝心なところが見えていない」とだけアドバイスをしました。石田氏は素直にもう一度聞き直してLPを編集。その後、「共感と動機付けに重点をおいて書き直しました。お陰で1%に達しました」との報告をくれたのです。しかも石田氏は「まだまだ改善できる所もあるかもしれませんが、今後も教材を何度も聞いて勉強します!」と言い、それから本当に改善を続けたのです。そしてついに2%を達成、維持するまでに至りました。

今回、私からLPの改善点について訊ねてみました。
「改善したのは、ファーストビューだけで訴求するということです。HPもブログも、最初ページを開いた時に『このページには自分が求めているものはない』と思われたら即離脱されます」と石田氏。
こちらが、LP冒頭の表示画面です。

デスクトップ版

isida-desukutoppu

スマホ版

isida-sumaho
確かに、ファーストビューを最大限使って訴求していますね。LPの要約版みたいな感じになっています。この事例は、どんな業種でも参考になるはずです。

CVRが向上したきっかけは私の教材でしたが、素直さと勤勉さがあってこその結果だと私は思います。石田氏のように、しっかりとコピーの原理原則を学び、改善を繰り返せば、誰でも売れるLPのコツは掴めるようになります。

彼のLPはほかにも参考になる点があるため、ぜひご覧ください。
こちらです。オンライン写真講座

今回は、以上です。

 

 

関連教材

石田氏が「一番役に立った」と絶賛したコピーライティング教材『売れる文章設計法』は、こちら。

 

関連記事

1日10秒で読めるメールマガジン

中小企業に特化したマーケティング&セールスがすべて学べる!
「客単価を倍にする一言」「口コミが生まれる5つの条件」「販促効果を倍増させる7種の限定性」「ニュースに取り上げられる8つの企画」「売れるネーミング7つの条件」「新商品をヒット商品にする2つの方法」「新規事業の成否を決める3要素」「集客商品に必要な5つの条件」など、商売に役立つ情報を毎日(365日間)配信。

今すぐ、ご登録を!