セールスコピーとは、「成果を数字で証明できるコピー」である

大手広告代理店が作る「広告コピー」と「セールスコピー」は違います。セールスコピーの定義は、広告コピーと対比させると分かりやすいです。

セールスコピーとは、「成果を数字で証明できるコピー」です。これはつまり「広告コピーは、成果を数字で証明できない」と言外(対比)しているのです。広告コピーへのカウンターになっているわけですね。

このように、仮想敵もしくは競合の弱点を突くことを「ポジショニング」と言い、それを言い表したコピーを「戦略的コピー」と呼びます。

もし、セールスコピーライターの方がこのコラムを読まれているのであれば、先述した「セールスコピーとは、成果を数字で証明できるコピー」をぜひ使ってください。「セールスコピー」という概念が広まりやすくなるはずです。

戦略的コピーは、実は広告コピーを作るコピーライタの専門分野でもあります。彼らは、商品特長やコンセプト、競合やマーッケットの立ち位置を見て、一つのコピーを作ります。これはこれで大切な仕事だと思いますし、卑下するつもりはありません。私も色々と勉強して役立っています。現に、「セールスコピーとは、成果を数字で証明できるコピー」は、どちらかというと広告コピー寄りのコピーですしね。

今日はあえて、広告コピーを作る際の思考を用いて、セールスコピーのコピー(定義)を考えてみました。広告コピーとセールスコピーの違いを明確にしてもらえたなら幸いです。

 

関連記事

6,100名が購読!! 1日10秒で読める商売繁盛365の知恵

中小企業に特化したマーケティングがすべて学べる!
「客単価を倍にする一言」「口コミが生まれる5つの条件」「販促効果を倍増させる7種の限定性」「ニュースに取り上げられる8つの企画」「売れるネーミング7つの条件」「新商品をヒット商品にする2つの方法」「新規事業の成否を決める3要素」「集客商品に必要な5つの条件」などの商売繁盛に役立つノウハウを毎日(365日間)配信。

今すぐ、ご登録を!