駄記事を消すだけでSEO効果は高まる

時間が経ってから自分のWEB記事を見たとき、消したくなるほど下手な文章だなと思ったことはありませんか? 私はあります。それも何度も。そんなとき私は、記事自体を消します。正確に言うと、二群ブログに移行させています。私の場合、二群ブログはアメブロです。

駄記事や良記事が混在しているサイトよりも良記事しかないサイトのほうがユーザーにとって有益ですし、Googleからの評価も得られます。

実際私は、20記事以上消していますが、アクセスは減るどころか増えています。昨今のSEOに大切なのは、記事の数より質です。良記事を蓄積していくのが、最も効果のある内部対策なのです。駄記事だと思えば、すぐに消してください。もったいないと思うのであれば、私のように移行先を用意しておくといいでしょう。

さて、上記の話を聞いて「駄記事かどうかを主観で判断していいのか」といった疑問を持った方もいるかもしれません。答えは、主観だけで判断せず、データを見て最終判断を下します。

「今ならもっと良い内容が書ける」と思う記事でも、上位表示されていたり滞在時間が長い場合があります(滞在時間が長い記事は、ユーザーの評価は高い傾向にある)。その場合は消しません。誤字脱字を直す程度に留めます。

私のように、主観で見つけて客観的データをもって判断してもいいですし、客観的データだけで判断してもいいです。肝要なのは、ユーザーから見て評価が低い記事を減らすことです。

良記事だけをサイトに掲載すれば、少ない記事でも多量のアクセスが集まります。定期的に悪記事を削除し、サイト全体のレベルを高めるよう努めてください。ユーザーの満足度が高まれば、Googleからの評価も高まります。

 

 

関連教材

優良記事が量産できる記事作成9つの型‼

 

関連記事

6,100名が購読!! 1日10秒で読める商売繁盛365の知恵

中小企業に特化したマーケティングがすべて学べる!
「客単価を倍にする一言」「口コミが生まれる5つの条件」「販促効果を倍増させる7種の限定性」「ニュースに取り上げられる8つの企画」「売れるネーミング7つの条件」「新商品をヒット商品にする2つの方法」「新規事業の成否を決める3要素」「集客商品に必要な5つの条件」などの商売繁盛に役立つノウハウを毎日(365日間)配信。

今すぐ、ご登録を!