伝わる文章を書くために必要な「文章のデザイン」

文章とデザインは、別の物だと思われがちです。しかし、それは違います。文章を書く際にも、デザインは必要です。
今回、「文章のデザイン」について、例を挙げて解説します。

以下、例文

□□の問題について、二つの原因と解決方法を挙げます。

一つ目の原因は××です。
「従来の~~には、~~の問題がありました。その原因は、××にあります。なぜなら、××は~~だからです。この原因を対処する有効な方法として、○○があります。○○には~~のメリットがあります。よって、○○は益のある方法と言えるでしょう」

二つ目の原因は✔✔です。
「従来の~~には、~~の問題がありました。その原因は、✔✔にあります。なぜなら、✔✔は~~だからです。この原因を対処する有効な方法として、◎◎があります。◎◎は~~の故障率が低いです。よって、◎◎はリスクの少ない方法と言えるでしょう」

 

気づきましたか。
原因1と2の話の流れ(形式)は同じです。接続詞も同じです。このように、同じ形式にして話を進めていくと、読者は読みやすいです。※接続詞まで統一できるのが理想。難しいけれど。

次に分量です。これも同じにします。
原因1の分量が250文字であれば、2も250文字前後にします。さすがに、1文字も違わず合わせるのは無理ですが、1割程度の差以内に留めるようにしてください。すると見た目が綺麗になります。

このように形式や分量を揃えると、“先(展開)が読める文章”にもなります。「えっ、先が読めていいの?」と思われるかもしれませんが、それでいいのです。先が読めれば、読者は知りたい情報をすぐに見つけられます。

書き手としては「全部読んでほしい」と思うものです。しかし、本当に読者のためを想うのであれば、読者の読みたい部分がすぐに見つかるように書くべきです。そのためには、文章をデザインすることも必要になります。

今回例で挙げたように、文章のデザインには、全体のバランスや統一感といった視点で見ることが大切です。ぜひ、参考にしてください。

 

関連記事

1日10秒で読めるメールマガジン

中小企業に特化したマーケティング&セールスがすべて学べる!
「客単価を倍にする一言」「口コミが生まれる5つの条件」「販促効果を倍増させる7種の限定性」「ニュースに取り上げられる8つの企画」「売れるネーミング7つの条件」「新商品をヒット商品にする2つの方法」「新規事業の成否を決める3要素」「集客商品に必要な5つの条件」など、商売に役立つ情報を毎日(365日間)配信。

今すぐ、ご登録を!