FAXDMの成功を握るのは、強いメンタル力

FAXDMは、ほかの販促手段にはない特徴があります。
それは、クレームの多さです。

それもそのはずです。
FAXDMは、受信側の紙やインク代を使用します。迷惑をかけるどころか、コストまで支払わせているのです。
また、電話兼用のFAX機であれば、仕事の手を止めさせて、FAXを受信してもらいます。注文のFAXかと思いきや、売り込みのFAXが届くわけですから、頭に来る人がいても不思議ではありません。

FAXDMをした経験のある人なら分かるでしょう。
電話でクレームを言われるのは、本当に嫌なものです。何度も謝罪して、二度と送らないためにFAXDM番号を聞いて、リストから削除します。ただ、中には「なんで、FAX番号を教えなくちゃいけないんだよ」と、教えてくれない人もいます。それで、二度目の送信。同じ人からクレームの電話が入り、一回目よりもひどく怒鳴られてしまいます。迫力に押されFAX番号を聞きそびれ、三度目の送信。そんな経験、ありませんか? 私はあります。

クレームの数を減らす方法があります。
一つは、「今後FAX不要」のチェック欄を設けること。この欄があるだけで、クレームは半減します。さらに裏技を言えば、電話番号を載せないという手もあります。クレームが言いたくても、言うに言えないのです。かなり狡賢い方法なため、お勧めしません。自社が送信したFAXDMですから、自社がクレームを受けるのは当然の仕事だと私は思っています。

以上の意味において、FAXDMに必要になるのは、クレームを受けてもへこたれないメンタル力です。これ、本当に大切です。調べようがないため、どれだけの割合でいるのか分かりませんが、クレームが嫌でFAXDMを止めてしまう人がいます。私の知る人にもいましたし、私も何度か止めようと思いました。

どうしても耐えられない人は、FAXDM送信業者に電話応対を代行してもらうといいでしょう。そういったサービスを提供している業者もいます。
ただ、前述した通り、送信者がクレームを受けるのが筋だと、私は考えています。しかし、心を壊してしまうのは、よろしくありません。そういう場合は、代行サービスを受けるのは得策です。

FAXDMを続けるには、送信側のメンタルが大きく関与します。人にクレームを言われるのならFAXDMを使わないという選択もありです。ビジネスモデルと相談して、決めてみてください。ただ、始める前に、この事実は知っておいても損はないと思い、記述させていただきました。健闘を祈ります。

 

関連記事

1日10秒で読めるメールマガジン

中小企業に特化したマーケティング&セールスがすべて学べる!
「客単価を倍にする一言」「口コミが生まれる5つの条件」「販促効果を倍増させる7種の限定性」「ニュースに取り上げられる8つの企画」「売れるネーミング7つの条件」「新商品をヒット商品にする2つの方法」「新規事業の成否を決める3要素」「集客商品に必要な5つの条件」など、商売に役立つ情報を毎日(365日間)配信。

今すぐ、ご登録を!