質の高いブログ記事を書くための基準

このコラムは、立ち位置としてはブログと同じです。今回、私がどのような基準でコラムを書いているのかをご紹介したいと思います。

私がコラムを書く際の基準、それは「この記事は、書籍にしたときにお金が取れるか」です。この基準に達するよう、コラムはすべて自分で推敲・校正を最低二回します。続いて、校正者にお金を払って校正してもらいます。

過去に私は、出版の依頼を二度いただいたことがあります。依頼をいただくたび要望しているのが「サイトにあるコラムを元にして書籍は作れませんか?」です。出版社にも事情があり、WEB上にあるコラムを元に書籍にするのは抵抗があるため、破談になります(これだけが原因ではないけれど)。なぜチャンスを逃すようなことをわざわざ言うのか。それは、一から書くのが億劫というのもありますが、「自分のコラムはお金が取れる。取れるつもりで書いている」という矜持があるからです。

ブログを毎日更新することを目標にしている人がいます。WEBに疎い業界であれば、記事を量産してライバルを圧倒するという戦略もあります。ですが、私からすれば「記事を毎日更新する」は、基準値が低いです。真剣に記事の中身を考えて、何度も校正をしていれば、素人が毎日なんて更新できません。毎日更新するよりも、一つの記事の完成度を高めるほうがずっと大変なのです。それに、読者もブログを毎日更新されることを望んでいません。時間をかけた完成度の高いブログ記事を望んでいます。

アンケート
以上の考えとデータがあるため、手抜き記事更新する人が言う「読者のために毎日更新する」というブログ論が私には理解できません。校正ぐらいしてから言う台詞です。

私は「ブログ記事をいい加減に書く人は、仕事もいい加減なんだろうな」と思ってしまいます。仕事への基準値は、必ず何かしらの形(行動)で表出します。その一つがブログ記事なのです。

逆もまた真なり。
記事の基準値を上げれば、他の仕事への基準値も自ずと上がっていくはずです。見方を変えれば、ブログ記事の執筆は自己研鑚する打って付けの場所とも言えます。

今回は、マーケティング論よりもクリエイター論に近い話になりましたが、参考になれば幸いです。

 

関連コラム

一つの仕事ぶりを見れば、すべての仕事ぶりが解かる

 

関連記事

1日10秒で読めるメールマガジン

中小企業に特化したマーケティング&セールスがすべて学べる!
「客単価を倍にする一言」「口コミが生まれる5つの条件」「販促効果を倍増させる7種の限定性」「ニュースに取り上げられる8つの企画」「売れるネーミング7つの条件」「新商品をヒット商品にする2つの方法」「新規事業の成否を決める3要素」「集客商品に必要な5つの条件」など、商売に役立つ情報を毎日(365日間)配信。

今すぐ、ご登録を!