必要性を教えることで、消費を促す

人は、必要性の高いものから優先して消費を行います。
命に関わることであれば、すぐにでもお金を払って解決しようとするでしょう。
ただし、必要性に気づいていれば、です。気づいていなければ、消費行動はとりません。
人は必要性に気づいたときに、初めて、消費行動をとるのです。

商人から見て、お客様にはこの商品が必要だと分かっていても、お客様自身がその必要性に気づいていないことがあります。
その場合、商人はお客様に必要性を教えてあげなくてはいけません。

たとえば、人間ドックを受けたとします。
診断の結果、医者からガンが見つかり、医者から治療を勧められたらどうしますか?
どんなに高額であっても治療を受けようとするでしょう。
このように、お客様が気づいていない必要性を教えることで、消費は促せるのです。

もう一つ、話をしましょう。
私の知るA社は、廃水処理対策のサービスを販売しています。
A社の社長いわく、適切な対策を講じている企業は少なく、多くの企業は、リスクを背負い、無駄なコストまで発生しているそうです。
A社は新規開拓をする際、適切な対策が必要であることを綴ったDMを送付しています。
そのDMを送付するだけで、A社には仕事の依頼が入ってきます。必要性を教えることで、消費を促しているのです。

商人は、必要性に気づいているお客様を追うだけではいけません。
必要性に気づいていないお客様に、必要性を教えることも大切な仕事なのです。
その結果、欲求を生み出し、消費を創造できるのです。

 

関連記事

1日10秒で読めるメールマガジン

中小企業に特化したマーケティング&セールスがすべて学べる!
「客単価を倍にする一言」「口コミが生まれる5つの条件」「販促効果を倍増させる7種の限定性」「ニュースに取り上げられる8つの企画」「売れるネーミング7つの条件」「新商品をヒット商品にする2つの方法」「新規事業の成否を決める3要素」「集客商品に必要な5つの条件」など、商売に役立つ情報を毎日(365日間)配信。

今すぐ、ご登録を!