感性を育てることで、消費を促す

私の好きな映画の一つに「スイングガールズ」があります。
女子高生がジャズバンドを結成し、練習を重ね、コンクールに出場する物語です。この映画を観るまで、私はジャズに興味がありませんでした。
しかし、映画を観終えた途端、ジャズに強い関心が湧き、すぐにアマゾンでジャズCDを20枚ほど買いました。私は、映画を通じてジャズに対する感性が育ち、ジャズを「快」と感じるようになったのです。

こういう例はよくあります。
最近では、ドラマ「のだめカンタービレ」や、アニメ「けいおん」が流行り、楽器を購入する人が急増しました。1年分がわずか1週間で売れてしまった楽器もあったようです。ドラマやアニメを通じて感性が育ち、「音楽をやってみたい」「楽器を弾いてみたい」という欲求が芽生え、消費を促したのです。

ここで大切なのは、
感性は育てられるということ。そして、感性が育てば消費意欲が芽生えるということです。

私はワインが好きですが、生まれたときからワインが好きだったわけではありません。
ある日、あるきっかけがあり、ワインが好きになったのです。
私の場合、あるイベントでワインを試飲したのがきっかけでした。飲んだワインの美味しさに驚き、ワインに関心を持つようになりました。その後も、営業マンから度々ワインについて教わり、感性が育成され、ワインの消費がグンと増えました。結果的に、1年間で50万円以上も使うほどになったのです。

欲求は、感性から生まれます。
商品の魅力・歴史・物語を伝え・体験させることで、感性は育てられます。
感性を育てる活動は、お客様により豊かな生活を教えることであり、それは、欲求の創造、ひいては、売上の創造に繋がるのです。

 

関連記事

1日10秒で読めるメールマガジン

中小企業に特化したマーケティング&セールスがすべて学べる!
「客単価を倍にする一言」「口コミが生まれる5つの条件」「販促効果を倍増させる7種の限定性」「ニュースに取り上げられる8つの企画」「売れるネーミング7つの条件」「新商品をヒット商品にする2つの方法」「新規事業の成否を決める3要素」「集客商品に必要な5つの条件」など、商売に役立つ情報を毎日(365日間)配信。

今すぐ、ご登録を!