伝わっていない価値を伝える

先日、Yシャツを買おうと、Yシャツ専門店に入りました。私は、その店の商品デザインや商品数の多さが気に入っており、よく利用しています。

商品を眺めていると、ふと1枚のボードに気づきました。ボードと言ってもA4サイズで小さく、それも目立たない場所に置かれています。そこには「当店のYシャツは、標準用と細身用の2種類を用意しています」という旨が記載されていました。それを読んで初めて、このお店にはそんな商品区別があるのだと知ったのです。早速、細身用を試着してみると、私の身体にピッタリです。店員に話を聞くと、Yシャツのサイズは以前から2種類用意してあるとのことでした。そんなことも知らず、私は今まで標準用のYシャツを購入していたのです。

サイズを2種類用意してあるのは、この店の強みであり価値です。それがお客様に伝わっていないのは、大変もったいないです。伝わっていない価値は、ないのと同じです。実はこの例のように、会社側は伝えているつもりでも、お客様に伝わっていない、ということはよくあります。

たとえば、DMの反応が悪い原因は、封筒内の中身にあるのではなく、そもそも 開封されていないのが原因かもしれません。
POPを書いても、お客様の導線や目線から外れた場所に置かれてあれば、読まれることはありません。ホームページも同様です。検索エンジンに引っかからず、誰からもアクセスされなければ、存在していないのと同じです。価値を伝えるには、まず目立つこと、存在に気づいてもらうことが重要です。たったそれだけで、価値の伝達力は格段に上がります。

販促物や広告物を見直す際には、そもそも気づかれているのか、読まれているのか、という視点で検証してみてはいかがでしょうか。

 

 

関連サービス

販促物の添削サービス! チラシやLPの反応率を向上させたい方は、こちら。

 

関連記事

1日10秒で読めるメールマガジン

中小企業に特化したマーケティング&セールスがすべて学べる!
「客単価を倍にする一言」「口コミが生まれる5つの条件」「販促効果を倍増させる7種の限定性」「ニュースに取り上げられる8つの企画」「売れるネーミング7つの条件」「新商品をヒット商品にする2つの方法」「新規事業の成否を決める3要素」「集客商品に必要な5つの条件」など、商売に役立つ情報を毎日(365日間)配信。

今すぐ、ご登録を!