顧客満足を高める一番良い方法

今回は、顧客満足について話をします。
顧客満足を高めるために一番良い方法は、従業員のモチベーションを高めることです。

お客様と直接接触するのは従業員です。
その従業員のモチベーションが高ければ、お客様の満足を第一に考え、お客様の期待以上の行動をするようになるでしょう。そうなれば、必然的に顧客満足に繋がります。

では、従業員のモチベーションを高めるためにはどうすればいいのか。
それは、社長が社員を大切に扱うことです。給料や福利厚生を厚くするのは二の次です。
もちろん、給料や福利厚生は大切です。しかし、それらがいくら充実していても、社長が社員をバカにし、 罵声を浴びせていれば、社員のモチベーションは低くなります。モチベーションの低い社員は、仕事をしなくなり、不満をお客様にぶつけるようになります。
具体的な現象としては、接客態度や電話応対が悪くなり、お客様の依頼や期待に応えようとしなくなります。また、社内でも足の引っ張り合いをするようになります。当然、顧客満足を高めることはできません。

経営者が「うちの従業員は、ろくな奴がいない」と言うのをよく耳にします。
それは事実かもしれませんが、そうさせているのは社長自身なのです。社長が従業員を大切に扱わない結果、従業員のやる気は殺がれ、お客様にも不親切な応対をしてしまうのです。
それを見た社長が「ろくな従業員じゃない」と判断しているだけです。社長が「うちの従業員は、ろくな奴がいない」と言い続けるたびに、その通りの従業員になっていくのです。

商売は、感情の循環です。
社長が従業員に与えた感情は、お客様に伝わります。それは、結果的に売上も影響を与えるのです。
良い感情は、良い循環を生み、悪い感情は、悪い循環を生みます。企業を成長させ、商売を繁栄させるためにも、感情の善循環は必要不可欠なのです。

関連記事

1日10秒で読めるメールマガジン

中小企業に特化したマーケティング&セールスがすべて学べる!
「客単価を倍にする一言」「口コミが生まれる5つの条件」「販促効果を倍増させる7種の限定性」「ニュースに取り上げられる8つの企画」「売れるネーミング7つの条件」「新商品をヒット商品にする2つの方法」「新規事業の成否を決める3要素」「集客商品に必要な5つの条件」など、商売に役立つ情報を毎日(365日間)配信。

今すぐ、ご登録を!