長文記事がSEOに強い2つの理由

「長文記事はSEOに強い」。
SEO情報を追いかけている人なら、一度はこの言説を聞いたことがあるはずです。事実、長文記事は上位表示される傾向にあります。

では、なぜ長文がSEOに強いのか。この理由について、私なりの見解を述べさせていただきます。理由は2つあると考えます。

1つは、滞在時間が延びるからです。Googleは、滞在時間を評価の1つとしています。「滞在時間が長い=注意深く読んでいる=良い記事」というロジックです。長文記事を書き、滞在時間の引き延ばしに成功できれば、Googleから評価が得られるというわけです。

もう1つは、「はてブ」(はてなブックマーク)が付きやすいからです。はてブは、被リンクとして価値の高いブックマーク機能です。私もそうですが、ユーザーは面白そうな記事が長文だと分かると、とりあえず、はてブして保存しておきます。後で読むためです。長文記事は、この「後で読むためのはてブ」を誘発できるというわけです。

以上の話を聞いて、「そうか! とにかく長い文章を書けばいいのか」と早合点しないでください。下手に長文化を目指すと冗長な文章になってしまいます。それでは本末転倒です。

無駄な文言や表現を増やすのではなく、ユーザーが知りたい情報を深掘りした構成にして記事を充実(長文化)させてください。

知りたい情報が網羅されているページは、ユーザーの満足度を高めます。満足度の高いページをGoogleは必ず評価してくれるでしょう。骨の折れる作業ですが、ぜひ、頑張ってください。

 

 

関連記事

WEBページは3種類あるってご存知でしたか?

 

関連記事

5,000名が購読中!! 1日10秒で読めるマーケッター養成メルマガ

中小企業に特化したマーケティングがすべて学べる!
「客単価を倍にする一言」「口コミが生まれる5つの条件」「販促効果を倍増させる7種の限定性」「ニュースに取り上げられる8つの企画」「売れるネーミング7つの条件」「新商品をヒット商品にする2つの方法」「新規事業の成否を決める3要素」「集客商品に必要な5つの条件」などの商売繁盛に役立つノウハウを毎日(365日間)配信。

今すぐ、ご登録を!