SEOのために長文コンテンツを書くのは、愚劣だと思う3つの理由

「短文コンテンツよりも長文コンテンツのほうがSEOに強い。だから長文コンテンツを書きましょう」と教えているコンサルタントや専門家が山のようにいます。私の心情をありのままに吐露すると、本当に愚劣だなと思います。彼らの啓蒙活動のお陰で、ネット上にはカルピスの原液を10倍に薄めたようなコンテンツが毎日のように増え続けています。

読んで分かる通り、私は長文コンテンツも、それを奨励する行為も嫌いです。理由は3つあります。

1つ目は、Google(媒介者)に媚びてコンテンツを作っているからです。コンテンツは本来、読む人のために書くものです。読む人のことを考えてコンテンツを作った結果、長文になるのは構いません。しかし、長文化することが目的になり、無理やり長文コンテンツを書く行為は読む人のためになりません。本来の目的を見失っています。

2つ目は、ネットの強みを潰す可能性があるからです。ネットにはいくつかの強みがあります。「情報が無料で手に入ること」「知りたい情報がすぐに手に入ること」です。長文コンテンツは、後者を殺します。10行で済む話を100行にすれば、読者が費やす時間が増えるのは自明です。

書籍にも「これ、20ページあれば十分だよね」と思うような中身スカスカなものがありますよね。書籍にするには、どうしても一定のページ数(文字数)を稼がなくてはいけません。そのため、20ページで済む話を無理やり10倍に膨らました書籍が一部あるのが実情です。ネットは、こうしたページ数や文字数の縛りがないため、簡潔に情報を伝えることができます。これは書籍にはできない、ネットならではの強みです。長文コンテンツは、ネットの強みと背反します。

3つ目は、コンテンツの劣化を招いているからです。コンテンツの価値は、少ない言葉でどれだけ多くを語れるかで決まります。これは絵や漫画、写真でも同じです(1枚に心情や状況、ストーリをどれだけ描けるか)。少ない言葉で伝えられる話をわざわざ長文化(劣化)させて伝えるなんて愚の骨頂です。

長文コンテンツの波が続けば、検索上位が劣化コンテンツだらけになってしまいます。まぁ、その前にGoogleが対策を取るでしょうし(もう取っているかもしれない)、または、AIに「情報収集(検索)の手段」の地位を奪われてしまうでしょう。(人口知能の未来は、「今後のSEO対策は、競合サイトだけでなくAIも意識しなさい」を参照してください)

まとめると私は、Googleに媚びてコンテンツを書く人が、真に読者のことを思ってコンテンツを書くとは思えませんし、ネットの利便性を損ねるので辟易しているということです。

さて、10年後のネットの世界はどうなっているのでしょうか。

 

関連記事

5,700名が購読!! 1日10秒で読めるマーケッター養成メルマガ

中小企業に特化したマーケティングがすべて学べる!
「客単価を倍にする一言」「口コミが生まれる5つの条件」「販促効果を倍増させる7種の限定性」「ニュースに取り上げられる8つの企画」「売れるネーミング7つの条件」「新商品をヒット商品にする2つの方法」「新規事業の成否を決める3要素」「集客商品に必要な5つの条件」などの商売繁盛に役立つノウハウを毎日(365日間)配信。

今すぐ、ご登録を!