LP(ランディングページ)は複数作りなさい

あなたのWEBサイトには、LPはいくつありますか?
先日、クライアントからこんな相談を受けました。「深井さんに作ってもらったLPを基に、切り口を変えた別のLPを作ってみました。これを使っても問題ないでしょうか?」と。私は「別に構いませんよ。LPはいくつあってもマイナスにはなりませんから」と答えました。

LPは、複数あるのが理想です。なぜなら、一つのLPが訴求できるのは、基本、1対象者(ニーズ)のみだからです。ほかの対象者(ニーズ)に訴求したいのであれば、別のLPを用意する必要があります。

たとえば、「40代女性向け、シミに有効な化粧品」を扱っていたとします。対象者は「値段は少し高くてもいいから効果のある化粧品が欲しい・40代女性」です。対象者のニーズに応えるとしたら、効果効能と実績をメインにしたLP作りをします。対象者が「低価格の化粧品が欲しい・40代女性」なら、価格を前面に打ち出したLP作りをします。

このように、対象者(ニーズ)によって構成や内容は変わります。訴求したい対象者に合わせてLPを用意するのが上策です。特にPPC広告を打つ際は有効です。キーワード(検索ユーザーのニーズ)に応じてLPを変えることができるため、成約率は高くなります。

また、LPを複数持つことはSEO上利点があります。LPは文章量が多いため上位表示されやすいからです。仮に、制作費に15万円をかけたLPが検索結果1ページ目に表示されたとしましょう。粗利1万円の商品が15個売れれば制作費はペイします。リピート性のある商品であれば、もっと少ない数で済みます。検索エンジンでの上位表示が見込め、対象者が複数いる場合は、LPを複数用意してもいいでしょう。

以上を踏まえて、LPを複数用意することを視野に入れてみてはいかがでしょうか。

 

 

関連記事

「タイプ分類理論」を活用して、LPを各種作りなさい

機能的価値が多いほど、ターゲティングに迷いが生じる

 

関連記事

5,700名が購読!! 1日10秒で読めるマーケッター養成メルマガ

中小企業に特化したマーケティングがすべて学べる!
「客単価を倍にする一言」「口コミが生まれる5つの条件」「販促効果を倍増させる7種の限定性」「ニュースに取り上げられる8つの企画」「売れるネーミング7つの条件」「新商品をヒット商品にする2つの方法」「新規事業の成否を決める3要素」「集客商品に必要な5つの条件」などの商売繁盛に役立つノウハウを毎日(365日間)配信。

今すぐ、ご登録を!