メディアの信用力で変わる反応と客層

広告を出す媒体によって、集まる客層が違うことをご存知でしょうか?
たとえば、新聞や雑誌。
全国紙と、地元紙では、同じ広告を出しても反応が違います。
信頼性の高い全国紙に掲載されれば、読者は「あの有名紙に掲載されているのだから、信用できる会社(商品)なのだろう」と、受け取り、 信頼性の弱い媒体に掲載されれば、「その程度の商品だろう」と受け取ります。
媒体の信頼性が、会社や商品の信頼性に影響を与えているのです。

私は以前、数千万部発行のある全国紙に広告を出したことがあります。
発行部数が多いこともあって注文数もかなりの数になりました。
あまりの反応の大きさに、大変驚きました。
それともう一つ、驚いたことがあります。
それは、客層です。

この全国紙で集まったお客様は、他の媒体で集めたお客様に比べて、
リピート率は高く、商品に対する期待値も高いものでした。
このように、同じPRをしても、媒体によって、集まる顧客は異なるのです。

TVでも同じです。
たとえば、ローカルTVの番組で、自社の商品が紹介されるのと、
全国放送の番組で紹介されるのとでは、インパクトが違います。
視聴者数が違うというだけではなく、「全国番組に紹介された」という、事実が大事なのです。
それだけで、視聴者が会社に寄せる期待や信頼度は高くなるのです。
TV番組による客層の違いも、私は体験しています。

どこの媒体を使ってPRするのか?
媒体を使ってPRすることは、その媒体の信頼を借りる行為でもあるのです。
媒体選びは、PRの内容以上に重要なことなのです。

 

関連記事

1日10秒で読めるメールマガジン

中小企業に特化したマーケティング&セールスがすべて学べる!
「客単価を倍にする一言」「口コミが生まれる5つの条件」「販促効果を倍増させる7種の限定性」「ニュースに取り上げられる8つの企画」「売れるネーミング7つの条件」「新商品をヒット商品にする2つの方法」「新規事業の成否を決める3要素」「集客商品に必要な5つの条件」など、商売に役立つ情報を毎日(365日間)配信。

今すぐ、ご登録を!