インターネットの世界で勝ち残るために必要な戦略とは

以前のコラム「物理的な距離が消費に与える影響」で、距離が消費に大きな影響を与える、という話をしました。

理由は、実店舗の場合、というより、お客様が肉体を動かして消費する場合、時間や労力が大きなコストになるため、「近い」は大きな来店理由(消費理由)になるからです。つまり、いかに近くて便利な場所にお店を構えるかが、集客の大きなポイントとなります。些細な差別化は、距離に負けてしまうのです。

しかし、この「距離」のアドバンテージが一切通用しない世界があります。それは、インターネットによる通信販売です。

たとえば、「毛ガニ」が欲しいとします。
ネットを使えば、「毛ガニ」を扱っているすべての会社を調べることができ、指を少し動かすだけで注文もできます。実店舗に買い物に行くのと違い、ネット通販は、移動に時間や労力を使わないのです。この違いが、「売り方」に大きな影響を与えました。

では、どのような影響を与えたのかを説明します。
前述した通り、ネット上において「距離」は消費に影響を与えません。代わりに、「差別化」が消費に影響を与えるようになりました。なぜなら、ネットが普及したお陰で「比較」が簡便になったからです。事実、ネットで買い物する場合、誰もがパソコン上でいくつもの会社を「比較」し、消費先を決定しています。

これは、インターネットの検索機能が簡便になればなるほど、顕著に表れてきます。検索の簡便化は、比較の簡便化とほぼイコールの意味だからです。つまり、ネット通販で勝ち抜くには、他社との「違い」をどれだけ打ち出せるかが重要な戦略となっているのです。

ネットには、SEOやPPC、SNSなどと言った、種々なマーケティングがあります。その基盤となっているのは、「差別化」です。差別化なくして、SEO対策やSNSマーケティングを施しても意味がありません。「差別化 × ネット集客 = 成果」と表せば分かりやすいでしょう。

差別化をしてニッチな世界で№1になる。
これが、WEBマーケティング戦略の正しい基盤作りになるのです。

 

関連記事

1日10秒で読めるメールマガジン

中小企業に特化したマーケティング&セールスがすべて学べる!
「客単価を倍にする一言」「口コミが生まれる5つの条件」「販促効果を倍増させる7種の限定性」「ニュースに取り上げられる8つの企画」「売れるネーミング7つの条件」「新商品をヒット商品にする2つの方法」「新規事業の成否を決める3要素」「集客商品に必要な5つの条件」など、商売に役立つ情報を毎日(365日間)配信。

今すぐ、ご登録を!