お申し込みフォームで変わるコンバージョン

WEBサイトのコンバージョンが悪い。そう悩んでいる方は多いです。
その主な原因は、もしかしたらお申し込みフォームにあるかもしれません。

Googleアナリティクスなどの解析ツールを使って、お申し込みフォームからの離脱率を調べてみると、50~70%が離脱していることがよくあります。つまり、「申し込みをしようと思ったけど、やっぱりやめた」という方が半分以上いるのです。

なぜ、このようなことが起きるのでしょうか。
一言で言えば、申し込み手続きが面倒臭く感じたです。

面倒に感じるの大きな要因は、記入事項が多過ぎる点です。
記入欄の数を減らした結果、お申し込み率が上がる事例は珍しくありません。

また、申し込み記入欄に記載している段階で、申し込みを止めてしまう方もいます。
あなたも経験はありませんか? 一通り記入したのに「○○が半角ではありません」とか「ふりがながカタカナではありません」と注意されたこと。こうした些細な点を駄目出しされ、途中で申し込みを止めてしまう方がいるのです。

WEBサイトのお申し込み記入欄では、以下の改善点が挙げます。
・氏名記入欄で、苗字・名前を分けない。
・ふりがなは「平仮名」でも「カタカナ」でもOKにする。
(できれば、ふりがな記入欄を設けない。)
・郵便番号は「-」があってもなくてもOKにする。
・電話番号、郵便番号は、全角・半角どちらでもOKにする。

とにかく記入欄を少なくして、余計な制限をかけないことです。

今は、スマホから注文をしてくるお客様が増えました。エンドユーザー向けの物販であれば、スマホサイトの存在は必須となっています。
スマホサイトはPCサイトよりもずっとシビアです。あの小さい画面から申し込みをするわけですから、少しでも面倒だと感じたら、すぐに離脱してしまいます。
特に重要なのは、記入欄に合わせてボードを日本語・英字・数字に切り替えることです。

電話番号を入力する欄にも関わらず、日本語の入力ボードが出てくるスマホサイトがあります。これでは駄目です。電話番号は数字しか使わないのですから、数字ボードが表示されるべきです。

スマホサイトのお申し込み記入欄では、以下の改善点が挙げます。
・電話番号・郵便番号を記入する欄は、数字ボードを表示する
・住所・名前を記入する欄は、日本語ボードを表示する。
・メールアドレスを入力する欄は、英語ボードを表示する。
・氏名記入欄で、苗字・名前を分けない。

これだけでも入力に伴うストレスはだいぶ軽減され、コンバージョンも上がるはずです。
申し込み記入は、まさにゴールする瞬間、最後の詰めです。ここで、細部にまでこだわった者が最後に勝つのです。

 

関連記事

1日10秒で読めるメールマガジン

中小企業に特化したマーケティング&セールスがすべて学べる!
「客単価を倍にする一言」「口コミが生まれる5つの条件」「販促効果を倍増させる7種の限定性」「ニュースに取り上げられる8つの企画」「売れるネーミング7つの条件」「新商品をヒット商品にする2つの方法」「新規事業の成否を決める3要素」「集客商品に必要な5つの条件」など、商売に役立つ情報を毎日(365日間)配信。

今すぐ、ご登録を!