「好きなことを仕事にしたい人」が見落としている2つの現実

「好きなことを仕事にしたい」と願ったことは誰しもあるはずです。確かに、それが出来たらどんなに素晴らしいことか。好きな仕事なら努力できますし、上達も早いでしょう。なにより、仕事が楽しいはずです。能率的にも精神的にもいいことばかりです。何かの分野で成功した人の中には「好きなことを仕事にすれば成功する」と言う人もいます。

残念ですが、この言葉は「生存バイアス」です。1%未満の人の声です。
生存バイアスについて、私のブログから引用します。

ある特定分野の一部の生存者(成功者)を挙げて評価する態度を指す。少数派である自身の成功、または他人の成功を例に他人に押しつける行為はまさにそれである。たとえば、年に一度20代の女性1万人が応募するオーディションで優勝を果たした人が「諦めなければ夢は叶うわ」とコメントする。たとえ、今回優勝を逃した9,999人が夢を諦めなかったとしても、99.9%は挫折することは自明である(20代のうちにしか応募できない年一度のオーディションだから)。しかし、成功者自身も夢を追う人も、何の疑いもなくその言葉を信じてしまう。これが生存バイアスだ。

世の中は成功者(生存者)にだけ発言が許されているため、脱落者の意見は表に出てくることは少ない。そのため、少数(生存者)の意見が多数(脱落者)の意見よりも多くなるという奇怪な現象が起きる。成功本やビジネス書、広告の体験談などはまさにそれだ。

 

“好きなことを仕事にしたい人”が見落としている現実が二つあります。

一つ目は、自分本位の姿勢であること。
商売の場合、市場のニーズやウォンツにマッチしていなければ受け入れてもらえません。自分の好きなことを仕事にするという姿勢は、言い換えれば「自分のために仕事をする」でもあります。そのため、市場(お客様)を無視して、自分が作りたいようにやりたいようにしてしまうことが往々にしてあるのです。結果、市場からの撤退が余儀なくされます。

二つ目は、あなたが好きな仕事はみんなが好きということ。
「好きな仕事(職業)」は、実は偏ります。たとえば、声優やイラストレーター、ライターやデザイナー、美容師やスタイリストなど、憧れ職業に人が集中するのです。最近では、コンサルタントやコーチも人気ですよね。当然、競争が激しくなります。しかも、憧れ職業を志す人はみんなその仕事が好きな人たちなのです。好きな人同士が凌ぎを削る世界です。

書籍『声優魂』(著者 大塚 明夫)があります。
本書には、声優を志す人が多すぎるため、ほとんどの人が仕事にありつけない現状が綴られています。「声優になりたい奴は馬鹿である」とまで述べられています。

書籍『漫画貧乏』(著者 佐藤 秀峰)でも、「仮に労働基準監督署が漫画業界にメスを入れたとしたら、漫画業界は一瞬で崩壊するでしょう」と述べられています。

ライターも年収はどんどん下がっていっています。一記事100円で書く「100円ライター」なんて人も存在しているほどです。

供給者が掃いて捨てるほどいれば、労働条件は悪くなるのは必然です。低賃金で働かせても、目をキラキラさせて仕事をしてくれる補充要員はいくらでもいるからです。これが「好きなことを仕事にする」という世界です。

この二つの現実を踏まえたうえで道を選んでください。
決して、甘い言葉に踊らされて、好きなことを仕事にしてはいけません。「好きだからこそ、どんな試練でも現実でも受け入れられる」という覚悟が必要です。「好きを仕事にする」というのは、一つの生き方なのです。

 

 

関連コラム

天職は「職」にあらず。常に自分の中にある

 

関連記事

1日10秒で読めるメールマガジン

中小企業に特化したマーケティング&セールスがすべて学べる!
「客単価を倍にする一言」「口コミが生まれる5つの条件」「販促効果を倍増させる7種の限定性」「ニュースに取り上げられる8つの企画」「売れるネーミング7つの条件」「新商品をヒット商品にする2つの方法」「新規事業の成否を決める3要素」「集客商品に必要な5つの条件」など、商売に役立つ情報を毎日(365日間)配信。

今すぐ、ご登録を!