ポジショニングができて、はじめてコンセプトやUSPが作れる

ポジショニングは、市場と競合と自社との兼ね合いで決まります。
競合が独占している市場に参入するのは負け戦です。競合のいない市場を見つけて、自社独自の「売り」を引っ提げて参入するのが正攻法です。

自社が攻めるべき市場を見つけたら、市場へ接触するための広告媒体を決め、メッセージを作ります。その際、明確にしておきたいのがコンセプトやUSPです。実は、コンセプトやUSPは、ポジショニングを決めた後に作るのが適切です。そのほうが断然作りやすいからです。

考えてみてください。
ポジショニングが決まっていないにも関わらず、いきなりコンセプトやUSPが作れますか? 喩えるなら、「この白い紙に何でもいいから絵を描け」と言われているぐらい無茶ぶりです。それよりも、「○○色を使って、花を描け」と条件を付けられるほうがずっと描きやすいはずです。条件を付けるためにもポジショニングをする必要があります。もしポジショニングもせずにコンセプトを作ったとしても、市場や売りが競合と被っている可能性があります。それでは、時間と労力のロスです。

あなたが今までコンセプトやUSPの書籍を読んでも作れなかったのは、順番を間違えていたからです。ポジショニングもせずにコンセプトを作ること自体、無理があるのです。

ブランディングも同様です。
勝てる市場を見つけて、実績を挙げていく。市場から信頼を勝ち取れば、いつしか「○○だったら、△△会社」と言われようになります。この「○○だったら」を何にするのかがポジショニングであり、ここを見誤っていたら、どう足掻いてもブランディングは成功しません。

マーケティングの起点は、ポジショニングです。起点を間違えれば、誤った方向へマーケティングの舵きりをする羽目になります。どの方向へ舵を切るのか。一度真剣に考える価値はあります。

 
 

関連サービス

個人事業主・中小企業を対象にしたマーケティング相談(電話・スカイプ)は、こちら。

 

関連記事

1日10秒で読めるメールマガジン

中小企業に特化したマーケティング&セールスがすべて学べる!
「客単価を倍にする一言」「口コミが生まれる5つの条件」「販促効果を倍増させる7種の限定性」「ニュースに取り上げられる8つの企画」「売れるネーミング7つの条件」「新商品をヒット商品にする2つの方法」「新規事業の成否を決める3要素」「集客商品に必要な5つの条件」など、商売に役立つ情報を毎日(365日間)配信。

今すぐ、ご登録を!