PPC広告の支払いは、クレジットカードにする

PPC広告の支払いは、クレジットカード払いをお勧めします。
理由は2つあります。

1つ目は、ポイントです。
PPC広告を運用していれば、月、数万~数十万円は当たり前に使うはずです。一個人が使う額と比べて、ゼロが1桁も2桁も違うため、貯まるポイントも多いです。もし、銀行振り込みで支払っていたら、このポイントは手に入りません。小さな利点かもしれないが、塵も積もれば何とやらで、2,3年も続けていれば、パソコン1台ぐらい買えるポイントが溜まるでしょう。

2つ目は、支払い期間の引き延ばしです。
ネットショップからの注文は、代引きとクレジットが8割を占めます。売上代金が運送会社またはクレジット会社から振り込まれるのは、翌月~翌々月。もし、広告費を銀行振り込みにしていたら、売上代金が振り込まれる前に広告費を支払う形になります。これでは資金繰りが悪くなります。経営の基本は、「入金は早く、支払いは遅く」です。クレジットカード払いに替えることで、支払い期間を最大2カ月間延ばせます。資金繰りの負担も軽減するはずです。広告を1,2回失敗しても、手元にお金があるうちは3回目の手が打てます。つまり、支払いを引き延ばすことで手数(チャンス)も増えるわけです。

今回は、PPC広告を例に出しましたが、それ以外の広告にもクレジットカード払いは有効です。印刷代や折込代も、ネットからの発注であれば、大抵はクレジットカード払いが可能です。

広告費を銀行振り込みにしていた人は、ここで一度、クレジットカードでの支払いを検討してみてはいかがでしょうか。

 

関連記事

5,000名が購読!! 1日10秒で読めるマーケッター養成メルマガ

中小企業に特化したマーケティングがすべて学べる!
「客単価を倍にする一言」「口コミが生まれる5つの条件」「販促効果を倍増させる7種の限定性」「ニュースに取り上げられる8つの企画」「売れるネーミング7つの条件」「新商品をヒット商品にする2つの方法」「新規事業の成否を決める3要素」「集客商品に必要な5つの条件」などの商売繁盛に役立つノウハウを毎日(365日間)配信。

今すぐ、ご登録を!