起業したての人間は、実績を作るな。実績を仕入れろ

起業したての頃は、実績をほとんど有していないものです。
「実績がなければ仕事が入らない ⇒ 仕事がなければ実績が作れない」といった悪循環にすぐに陥ってしまい、そのまま失業。なんてことも珍しくありません。

この悪循環をどう抜け出せばいいのか。
それは、実績を作らず、実績を仕入れることです。

「実績を仕入れる?」と疑問が浮かんだことと思います。
商売は通常、商品を仕入れてからお客様に販売します。言い換えれば、リスクを先に払ってから利益を得ています。これと同じことを実績でもするのです。

起業したての人間に仕事を依頼するのは、発注者にとってリスクです。実績を手に入れるには、そのリスクを起業家が被る必要があります。無料で仕事を請け負い、それを実績として使わせてもらうのです。当然赤字になりますが、この実績を元手に、他のお客様から仕事を受注していきます。

以前テレビで、「フリーペーパー」を創出した方の話が放映されていました。創出者は、大手企業のお店に営業に行き「無料で掲載させてください」とお願いして、他のお店では「あの大手企業も載せているんです」と言って営業をして回ったそうです。

「損して得取れ」という諺があります。
これは、「仕入れ」「集客」「実績作り」「人間関係」に通じる真理です。ほかにも、「損せぬ人に儲けなし」「損は儲けの始め」といった諺もあり、起業時から目先のお金を求めるのは賢明ではありません。

そもそも、無料で仕事が取れなければ、有償にしても仕事は取れません。ある意味、自身の営業力やマーケティング力をテストできるため、起業する前から無料による実績作り(仕入れ)は有効です。

このやり方は、出来る仕事と出来ない仕事が当然できます。伝えたいのは、発想の転換です。実績とは、「お金をもらった仕事」だけではないということです。「無料の仕事」はたまた「お金を払った仕事」でも、実績になるのです。

 

 

関連サービス

起業に関するマーケティング相談(電話・スカイプ)は、こちら。

 

関連記事

1日10秒で読めるメールマガジン

中小企業に特化したマーケティング&セールスがすべて学べる!
「客単価を倍にする一言」「口コミが生まれる5つの条件」「販促効果を倍増させる7種の限定性」「ニュースに取り上げられる8つの企画」「売れるネーミング7つの条件」「新商品をヒット商品にする2つの方法」「新規事業の成否を決める3要素」「集客商品に必要な5つの条件」など、商売に役立つ情報を毎日(365日間)配信。

今すぐ、ご登録を!