関係性が「コンテンツの価値」を上げる

「プロが出演する演劇」と「友人(アマチュア)が出演する演劇」なら、あなたはどちらに行きたいですか?

プロとアマという簡単な対比なら、みなさん前者を選ぶはずです。
今回ややこしいのは「友人」が出演するという点です。友人の出演となれば、「面白そうだな」「応援したい」と思うのが人情。プロより、友人が出演する演劇を選ぶ人もいるはずです。

この話を出したのは、「コンテンツの価値は、“関係性”によって変動する」ということをイメージしてほしかったからです。プロと比べてクオリティが低くても、関係性のある友人が選ばれることもあるのです。

マーケティングでは周知の事実ですが、お得意様とそうでないお客様とでは、同じDM(コンテンツ)を送付しても反応が違います。これは、「関係性」が違うからです。それだけ関係性は人の行動に多大な影響を与えるのです。

「コンテンツの価値」には二つの軸があると私は考えています。「コンテンツの価値=(関係性×コンテンツの質)」です。

コンテンツの価値
関係性には、好感・信頼・尊敬の三つの要素があります。
仲の良い友人であれば好感要素が強いです。高水準な応対をする人は、信頼要素が強いです。人格の優れた人であれば、尊敬要素が強いです。いずれかの要素を持つ人が発信するコンテンツは、積極的に読まれます。

先ほど紹介した方程式を別言すればこうなります。「コンテンツの価値=誰が(関係性)×何を(質)」です。コンテンツの質を高めるのは当然として、この「誰を(関係性)」も高めるようにしてください。コンテンツの価値は何倍にも高まります。

一番効果的な方法は、リアルで会う機会を設けることです。実際に会ってお話しするだけで、関係性は育まれます。お酒などを飲み交わせば尚いいです。こうした機会を1回以上設けるだけで、コンテンツの価値はグッと高まります。

関係性を育む活動は、コンテンツ力の強化の一環と考え、積極的に取り組んでください。コンテンツを発信する労力が今以上に報われるはずです。

 

関連記事

1日10秒で読めるメールマガジン

中小企業に特化したマーケティング&セールスがすべて学べる!
「客単価を倍にする一言」「口コミが生まれる5つの条件」「販促効果を倍増させる7種の限定性」「ニュースに取り上げられる8つの企画」「売れるネーミング7つの条件」「新商品をヒット商品にする2つの方法」「新規事業の成否を決める3要素」「集客商品に必要な5つの条件」など、商売に役立つ情報を毎日(365日間)配信。

今すぐ、ご登録を!