DMの反応率に最も影響を与えるのはセールスレター

「DMの反応率が悪くて困っている」
もしこのような悩みをお持ちであれば、本記事をお読みください。

DMの反応率が低いのは、もしかしたらセールスレターに原因があるのかもしれません。なぜなら、DMの成否はセールスレターで決まるからです。これは何も私一人の意見ではありません。コピーライティングの名著『伝説のコピーライティング実践バイブル』の著者ロバート・コリアー氏も述べています。引用します。

一般的に、全注文の65~75%がレター、15~25%がパンフレット、5~10%が申し込みはがきや注文用紙のおかげだからだ。
もちろん、個の比率は上下する。それでも、通信販売で大きな成果を挙げたければ、レターに注意を払うこと。そこに肝心なものが詰まっていなければ、期待した成果が得られることは決してない。(p304)

全注文の65~75%の影響力を持つのがセールスレターなのですから、DMの反応率を改善するためには、まず手をつけるべきはセールスレターになります。

我が家にも、毎週何かしらのDMが届きます。中身を見ると簡単な挨拶文にパンフレット、そして申し込み用紙が入っているだけです。挨拶文はセールスレターではありません。つまり、セールスレターが同封されていないに等しいのです。これでは、高い反応率を得ることはできません。

私から見て、セールスレターのないDMは反応を上げる余地が無限大にあります。メリットやベネフィットを語った数枚のセールスレターを同封するだけで劇的な変化が表れるはずです。

もしあなたがDMにセールスレターを同封していなければ、次回から入れるようにしてください。注文電話の鳴る数が増えるはずです。

 

 

関連書籍

伝説のコピーライティング実践バイブル

 

 

関連サービス

DMの反応率が倍増するセールスレター制作サービス

 

 

関連記事

6,100名が購読!! 1日10秒で読める商売繁盛365の知恵

中小企業に特化したマーケティングがすべて学べる!
「客単価を倍にする一言」「口コミが生まれる5つの条件」「販促効果を倍増させる7種の限定性」「ニュースに取り上げられる8つの企画」「売れるネーミング7つの条件」「新商品をヒット商品にする2つの方法」「新規事業の成否を決める3要素」「集客商品に必要な5つの条件」などの商売繁盛に役立つノウハウを毎日(365日間)配信。

今すぐ、ご登録を!