セミナーでは、物販orメルマガの案内をしよう

私は自主セミナーを開く際、セミナーテキストと一緒に教材の注文用紙も配布します。セミナーの終了間際に「お手元の資料の中に、本セミナーに関連した教材の注文用紙が入っています。本日、ご記入いただければ、割引価格でご購入することができます」と軽いセールスをします。購入率は、セミナーによって高低がありますが、低くて1%、高くて15%ほどです(あくまでも個人的な感触です)。

招かれた場合も、主催者の許しがあれば注文用紙を配布します。お声がかかった際に「セミナーテキストに注文用紙を同封してもいいでしょうか?」と一言聞いてください。当然NGの場合もあります。OKがもらえたら儲けものです。

もしNGをもらっても、そこでめげてはいけません。次策としてメルマガの案内をスライドに入れておきます。降壇後に表示するようしておきます。

主催者の確認は取っておいたほうが無難ですが、しなくても特に問題にはならないでしょう。受講者用のセミナーテキストを印刷するため、通商、スライドデータを主催者に提出します。そこで何も言ってこなければ、問題はなかったということです。私も、講師を招いてセミナーを主催する立場でもありますが、メルマガの案内がスライドにあっても別段不快に思うことはありません(販売もですが)。

このように二段構えをして顧客獲得の用意をしておくといいでしょう。

 

関連記事

5,000名が購読!! 1日10秒で読めるマーケッター養成メルマガ

中小企業に特化したマーケティングがすべて学べる!
「客単価を倍にする一言」「口コミが生まれる5つの条件」「販促効果を倍増させる7種の限定性」「ニュースに取り上げられる8つの企画」「売れるネーミング7つの条件」「新商品をヒット商品にする2つの方法」「新規事業の成否を決める3要素」「集客商品に必要な5つの条件」などの商売繁盛に役立つノウハウを毎日(365日間)配信。

今すぐ、ご登録を!