セミナー講師の依頼が欲しければ、WEBサイトに動画をアップせよ

講師を探している人の不安は皆、共通しています。それは、講師のセミナークオリティが当日まで分からないことです。プロフィールにいくら講師実績の記載があっても、セミナーを聞いてみるまで不安は消えません。この不安を解消させるには、あなたが話している動画、できればセミナー動画をWEB上で視聴できる状態にしておくことです。

私の知人に、セミナー全編をYouTubeにアップ(非公開設定)している人がいます。問い合わせをしてくれた人にURLを送るためです。セミナー全編を見れば、依頼者は不安を解消できます。

出版経験のない講師は、こうした心配りが肝要です。ブランドがない分、品質とサービス(心配り)で勝つしかありません。話せるテーマと価格だけを記載していても依頼はきません。それはブランドのある講師の態度です。

相手に「依頼しない理由」があるのなら、それを解消する手段を講じてください。セミナーに限った話ではありません。もし大きなネック(買わない理由)が存在しているなら、それを解消する手立てを打たなくてはいけません。それだけで、申し込みが何倍にも増えることがあるのです。

 

関連記事

5,000名が購読!! 1日10秒で読めるマーケッター養成メルマガ

中小企業に特化したマーケティングがすべて学べる!
「客単価を倍にする一言」「口コミが生まれる5つの条件」「販促効果を倍増させる7種の限定性」「ニュースに取り上げられる8つの企画」「売れるネーミング7つの条件」「新商品をヒット商品にする2つの方法」「新規事業の成否を決める3要素」「集客商品に必要な5つの条件」などの商売繁盛に役立つノウハウを毎日(365日間)配信。

今すぐ、ご登録を!