高額な起業セミナーや起業塾って、はじめから騙す気あるよね

私は起業家の相談に乗ったり、起業セミナーの講師として登壇した経験が何度かあります。指導する立場から言わせてもらうと、高額な起業セミナーや起業塾は信用してはいけません。騙す気満々だと思ってください。

起業家の多くは、200万や300万円といった小資本(自己資金)からスタートします。そんな限られたお金から、50万、100万円も払わせようとする起業セミナーや塾は、意味不明です。起業家のことを思えば、そんな料金にはしません。100万円あればWEBサイトをはじめ、名刺、パンフレット、初期の広告費ぐらいは賄えます。指導にお金を払うぐらいなら、そちらにお金を回したほうがずっと有益です。

起業家って、騙しやすいんですね。正確に言えば、黙らせることが可能なんです。たとえば、「セミナーに参加したら成功するって言われたから受講したのに、失敗した!」と文句を言う受講者がいれば、「他人の所為にするようだから失敗するんですよ」と言って黙らせることができます。世間からも、「そんなものにひっかかるお前が悪い」「お金の使い道が分からない時点で経営センスがない」と言われ、誰も味方してくれません。受講者もそれを分かっている人が多いため、泣き寝入りします。法に訴えるにしても、相当悪質な売り方や契約違反がない限り、勝訴するのは難しいでしょう。

ちなみに、私が講師を務めた起業セミナーは参加費500円でした(メッチャ安!)。受講生の一人は、その後起業して順調に事業を拡大しています。私のセミナーに参加していなくても上手くいっていたはずです。たかが数時間のセミナーで企業の成否が左右されるほどビジネスは甘くはありません。

起業家は、起業前から資質が問われています。起業セミナーや起業塾に大金を突っ込む時点で優秀な起業家にはなれません。カモネギになるだけです。

客観的に見れば、高額な企業セミナーや塾の不自然さに気づくはずです。

 

 

関連コラム

高額な起業セミナーや塾に参加する人は、起業しないほうがいい

 

関連記事

5,700名が購読!! 1日10秒で読めるマーケッター養成メルマガ

中小企業に特化したマーケティングがすべて学べる!
「客単価を倍にする一言」「口コミが生まれる5つの条件」「販促効果を倍増させる7種の限定性」「ニュースに取り上げられる8つの企画」「売れるネーミング7つの条件」「新商品をヒット商品にする2つの方法」「新規事業の成否を決める3要素」「集客商品に必要な5つの条件」などの商売繁盛に役立つノウハウを毎日(365日間)配信。

今すぐ、ご登録を!