固定売上を確保すれば、会社は安定成長する

会社経営で最も大切なものは何だと思いますか?
おそらく、「売上(利益)」と答える人は多いと思います。私も同意見です。売上がなければ、どんなビジョンもマネジメントもただの寝言になりますからね。しかし、ただ売上を上げればよいというわけではありません。実は、売上にも種類があるのです。「変動売上(利益)」と「固定売上(利益)」です。

一世を風靡した企業が瞬く間に衰退するのは、旬が過ぎたからではありません。変動売上に頼り、固定売上を作る仕組みや戦略を取らなかったからです。流行に甘んずることなく、固定的にお金が落ちる仕組みや新しいストック型ビジネスを立ち上げていれば、安定的な成長が手に入っていたのです。

私の経験をお話しします。以前いた赤字会社を盛り返すきっかけとなったのは、固定売上の増加でした。毎月、固定売上1,200万円(粗利8割)が入るようにして、毎月の固定経費500万円を余裕で支払えるようにしました。こうなったら、相当下手なお金の使い方をしない限り、会社が傾くことはありません。

会社が安定する一つの基準は、固定売上で固定経費を支払えることです。前年比200%の成長だとか、本当にどうでもいい話です。むしろ、会社の急成長はかえってリスクになります。それよりも、毎月堅実に固定売上を1%でもいいから増やすことのほうが重要です。固定売上を増やしながら会社を成長させることこそ、至高なのです。

近年このことに気づきはじめたのか、大手企業がこぞって「定額制サービス」を打ち出してきました。定額制サービスはいくつか種類があります。詳しくは、無料記事「15種類のストック型ビジネス」に載せています。しかし、定額制サービスの種類だけ知っても、上手に取り入れる仕組みがなければ失敗します。定額制サービスをどんな手順で取り入れるかは、教材「儲かる仕組み設計法」で触れています。

「今月の売上」を追いかけているうちは、成長はしても安定はしません。決まった売上が毎月入るようになって、はじめて経営は安定するのです。ぜひ、そんな経営を目指してください。

 

関連記事

6,700名が購読!! 1日10秒で読める商売繁盛365の知恵
中小企業に特化したマーケティングがすべて学べる!
「客単価を倍にする一言」「口コミが生まれる5つの条件」「販促効果を倍増させる7種の限定性」「ニュースに取り上げられる8つの企画」「売れるネーミング7つの条件」「新商品をヒット商品にする2つの方法」「新規事業の成否を決める3要素」「集客商品に必要な5つの条件」などの商売繁盛に役立つノウハウを毎日(365日間)配信。

Webでは教えられないノウハウばかり。ハッキリ言って登録した者勝ちです。

※登録後、仮登録のメールが届きます。指定のリンクをクリックしたら登録完了です。