WEB集客は、PPC広告から始めるべし

WEB集客を実施する際、あなたは何から手を付けますか?
「SEO対策から」と答える人は多いかもしれませんが、それは間違いです。はじめにすべきことは、PPC広告です。その理由を私の体験を交えながら解説します。

起業時、まずWEBサイトを作りました。とはいえ、検索エンジン上での順位はまだ低く、アクセスがありません。そこで私はPPC広告を出しました。PPC広告の設定を終え、待つこと2時間。会社の電話が鳴ったのです。電話を取ると「あの~、WEBサイトを見たのですが……」と依頼が入りました。おそるべしPPC広告。

それから何件か受注していくうちに、「検索数の多いキーワード」「成約率の高いキーワード」「単価の高いキーワード」などが分かってきました。これらが分かれば、キーワードの優先順位が付けられます。後は、狙ったキーワードに対してSEO対策(コンテンツページを作る)を施していきました。

私は今、Google、YahooのPPC広告は使っていません。SEOとメルマガだけで仕事の受注に繋がっているからです。

PPC広告を出す/出さないは、WEB集客における大きな分岐点です。
PPC広告を出さずに実施するSEO対策は、数撃てば当たる理論です。一方、PPC広告を出してから実施するSEO対策は、的を絞って撃つ理論です。後者から始めるのが賢明です。

PPC広告を勧めないWEBコンサルタントのノウハウは、「毎日、記事を書きましょう」になりがちです(数撃てば当たる理論・ロングテール理論)。PPC広告を出していれば、そんな必要はありません。対策キーワードに合わせたページを作り込むことで、検索エンジンに上位表示され、見込み度の高いアクセスが集まります。特に昨今のGoogleは、有益なコンテンツを見極める精度が高くなっているため、コンテンツ作りの努力は報われやすいです。

「PPC広告はお金がかかるから」と敬遠していた人も、対策キーワードを見つけるためにも、ぜひ一度試してみてください。

 

 

おまけ:見込み度の高いアクセスが見込める複合キーワード

「○○対策」「○○依頼」「○○相談」 「○○制作(製作)」 「○○通販」「○○注文」「○○見積り」「○○受講」 「○○予約」「○○費用」「○○宅配」

 

 

関連動画

 

関連記事

1日10秒で読めるメールマガジン

中小企業に特化したマーケティング&セールスがすべて学べる!
「客単価を倍にする一言」「口コミが生まれる5つの条件」「販促効果を倍増させる7種の限定性」「ニュースに取り上げられる8つの企画」「売れるネーミング7つの条件」「新商品をヒット商品にする2つの方法」「新規事業の成否を決める3要素」「集客商品に必要な5つの条件」など、商売に役立つ情報を毎日(365日間)配信。

今すぐ、ご登録を!