素直な社長が業績を伸ばす

業績を伸ばす社長と、そうでない社長には違いがあります。
その違いは「素直さ」です。

私は仕事柄、経営者にマーケティングに関するアドバイスをします。素直な社長は、アドバイス通りに実行します。素直ではない社長は、アドバイス通りに実行しません。

実例を挙げて説明しましょう。
A社長は女性客を対象とした商売をしていて、資料請求後の成約率が悪いと、私に相談されました。
私は、資料内容の文章量を減らしてビジュアル中心にすること、資料を送るタイミングを変えるなど、三度に渡りアドバイスしました。A社長はそれを素直に実行して、成約率が三倍に上がりました。

B社長も、同じく女性客を対象としており、ホームページからの成約率を高めたいと私に相談されました。
私はアドバイスをはじめ、文章作成のお手伝いまでさせていただきました。特に意識したのは文章量です。女性は男性に比べて文字を読まないため、できるだけビジュアルを中心に作成しました。B社長にも、文章量を減らしてビジュアルを中心にした理由を何度も説明しました。しかし更新されたホームページを見ると、私の書いた文章は倍近く加筆され、文章量はアドバイス前と変わっていなかったのです。その後も、B社長は文章表現を何度も変更しているようですが、文章量を減らそうとはしません。

アドバイス通りに実行したA社長は成約率が三倍。
アドバイス通りに実行しなかったB社長は結果変わらず。

業績が上がらないのは思考の結果です。思考を変えなければ今まで通りの行動をしてしまいます。行動が変わらなければ結果は変わりません。

今までと違う行動をしたければ、人からアドバイスを受けることです。人のアドバイスは、今までなかった思考から導き出される答え(行動)を教えてくれます。その答えを受け入れられるかどうかが「素直さ」なのです。

「素直さ」があれば、他者の知恵を借りることができます。その結果、今までと違う行動ができ、違った成果が得られるのです。

 

関連記事

1日10秒で読めるメールマガジン

中小企業に特化したマーケティング&セールスがすべて学べる!
「客単価を倍にする一言」「口コミが生まれる5つの条件」「販促効果を倍増させる7種の限定性」「ニュースに取り上げられる8つの企画」「売れるネーミング7つの条件」「新商品をヒット商品にする2つの方法」「新規事業の成否を決める3要素」「集客商品に必要な5つの条件」など、商売に役立つ情報を毎日(365日間)配信。

今すぐ、ご登録を!