社員教育の効果を高める方法

前回、「お客様の教育効果を高めるには、人間関係を育むことが大切」という話をしました。
今回は、社員教育の効果を高める方法について話をします。

会社組織において、社員教育は重要課題の一つです。
実はこの社員教育、社員満足度が低い状態で行っても、あまり効果がありません。
それは当然です。仕事に後ろ向きの状態では、教えられたことは身に付きません。
それよりも「会社が好き」「仕事が楽しい」と前向きな状態にして教育するほうが、教育効果は高まります。 社員教育よりも、社員満足度を上げるほうが先決なのです。
これは、前回お話しした、お客様にする手順と全く同じです。

社員もお客様も人間です。
同じ人間ですから、教育の手順も同じなのです。 会社に対して、好感や信頼などの感情、つまり関係性があればあるほど、教育効果は高まります。

私が知る限り、社員満足度の高い会社は、社員の成長も早いです。 社員満足度の低い会社は、社員教育さえ行き詰っています。

社員もお客様と同じだと気づいたとき、会社組織の正しい運営方法が見えてくるのです。

 

関連記事

1日10秒で読めるメールマガジン

中小企業に特化したマーケティング&セールスがすべて学べる!
「客単価を倍にする一言」「口コミが生まれる5つの条件」「販促効果を倍増させる7種の限定性」「ニュースに取り上げられる8つの企画」「売れるネーミング7つの条件」「新商品をヒット商品にする2つの方法」「新規事業の成否を決める3要素」「集客商品に必要な5つの条件」など、商売に役立つ情報を毎日(365日間)配信。

今すぐ、ご登録を!