正しい価格の付け方

商品価格の決定は、とても悩むものです。
価格を決める際によく用いられるのが、原価による逆算です。「原価率は30%に収めたいから、価格は○円にしよう」という決め方です。この価格の決め方であれば、確かに希望の利益率は得られます。
ただし、それが最大限売れる価格なのかというと、そうではありません。粗利率優先の価格決定であって、売れるかどうかの価格の付け方ではないからです。

粗利率を優先すると、価格が高くなりすぎることがよく起こります。売れなければ、粗利率を確保していても粗利額を得ることはできません。また、売りづらい価格であれば、売るためにコストがかかり、結果的に営業利益が少なくなることもあります。粗利益で大事なのは「率」ではなく「額」なのです。

価格は、原価からではなく、お客様の感情から逆算して決めます。
価格で大切なのは、お客様に「お得感」を与えることです。「お得感」を与えられれば、商品の流れが良くなります。逆に「お得感」を与えられなければ、商品の流れが悪くなります。

松下幸之助が残した言葉に「いいものを安く」があります。この言葉には「お得にせよ」という意味が含まれていると私は思うのです。

「お得感」を与えるには、安くするだけが方法ではありません。価格以上の魅力を作り、伝えるのも大切です。たとえば、デザインを変える。ディスプレイを変える。特別仕様にする。このように、魅力を作り伝えることで「お得感」を与えられます。

自社の商品が「お得感」を与えているかどうか、今一度調べてみてはいかがでしょうか。

 

関連記事

1日10秒で読めるメールマガジン

中小企業に特化したマーケティング&セールスがすべて学べる!
「客単価を倍にする一言」「口コミが生まれる5つの条件」「販促効果を倍増させる7種の限定性」「ニュースに取り上げられる8つの企画」「売れるネーミング7つの条件」「新商品をヒット商品にする2つの方法」「新規事業の成否を決める3要素」「集客商品に必要な5つの条件」など、商売に役立つ情報を毎日(365日間)配信。

今すぐ、ご登録を!