同業社をチェックしていれば、ブログネタは尽きない

今回は、ブログネタが尽きない方法を一つお伝えします。

その方法とは、「同業社と同じネタを書く」です。
「えっ、同じ内容を書いてもいいの?」と思った方もいるかもしれません。そうではありません。真似るのは「テーマ」です。記事の中身は自分の言葉で書きます。コピペもリライトもしないでください。

やることは簡単です。定期的に同業者のブログ、ないしはWEBサイトをチェックして、自分も書けそうなテーマ(ネタ)があれば書いてみるだけです。

私が実際にしている方法(手順)をお教えします。

第1ステップは、同業社探しです。どこから探すかと言えば、「アメブロ」と「検索エンジン」です。

なぜ「アメブロ」を調べるのか。いくつもあるブログサービスの中でも、ビジネス利用が当たり前になっているからです。そのため、同業社が簡単に見つかります。アメブロ内で検索をかけて同業社を見つけたら、お気に入りフォルダに保存します。

続いて、検索エンジンです。見込み客が入力しそうなキーワードをいくつか検索していきます。10位以内に出てきた同業者は、アメブロと同じようにお気に入りフォルダに保存します。10位以内に入っていない同業者は無視していいです。弱い同業社を参考にするよりも、強い同業社を参考にしたほうが有益だからです。

これで、同業社のブログとWEBサイトを数十ほどお気に入りフォルダに保存できたと思います。

第2ステップは、保存した同業社のブログとWEBサイトのチェックです。掲載されている記事を見ていきます。見るのはタイトルだけです。タイトルを見て、「あぁ、このテーマなら自分も書けそうだな」と思うものが出てくるはずです。あるいは、タイトルがフックとなり関係のないネタを思い付くこともあります。これらをネタ帳にメモしておきます。

後は、ネタ帳を見ながら書くだけです。

今回紹介した方法は、ブログネタを探すために考えたものではありません。同業社チェックの一環としてやっていたとき、自然とネタが見つかることに気づいたのです。

逆説的に言うと、「ネタ切れ」は同業社をチェックしていないから起きる現象です。経営者は、定期的に市場の変化や同業者の動向をチェックして掴んでおかなくてはいけません。これも仕事です。仕事をちゃんとしていれば、ネタ切れは起きないのです。

 

関連記事

5,000名が購読!! 1日10秒で読めるマーケッター養成メルマガ

中小企業に特化したマーケティングがすべて学べる!
「客単価を倍にする一言」「口コミが生まれる5つの条件」「販促効果を倍増させる7種の限定性」「ニュースに取り上げられる8つの企画」「売れるネーミング7つの条件」「新商品をヒット商品にする2つの方法」「新規事業の成否を決める3要素」「集客商品に必要な5つの条件」などの商売繁盛に役立つノウハウを毎日(365日間)配信。

今すぐ、ご登録を!