サムネイルを有料画像にすれば、WEB記事の質は向上する

私は以前から「惰性でWEB記事は書かない」と決めています。ずいぶん前から意識していましたが、WEBサイトをWordpressにリニューアルしてからは、さらに強く思うようになりました。その背景には、サムネイルの存在があります。※サムネイルとは、ページの内容をひと目で分かるように縮小画像で見せるもの。

以前のWEBサイト(HTML)のときは、サムネイルの設定方法が分からずにいました。Wordpressにしてからは、設定が簡易になったため、毎回、画像を購入して設定しています。

この「画像を購入」という行為が意識づけの強化に繋がりました。
WEB記事を一つ書くたび、私は画像代500円(税別)を払わなくてはいけません。そのため、「500円払ってでも載せるべき価値のあるコンテンツなのか」と毎回自問するようになったのです。さらに私の場合、Facebook広告を使ってWEB記事を広げることもあるため、記事によっては2日かけて書くこともあります。

サムネイル画像とFacebook広告の影響もあって、私の中で「コストに見合うだけのコンテンツを書く」という高い基準ができました。

WordPressにリニューアルして、一時はアクセス数が落ちましたが(下層ページのURLをいじって、被リンクが切れたため)、今では以前よりアクセス数は増えています。後は、記事を編集・追加していけばいいだけです。

あなたは、WEB記事の基準値を高める努力をしていますか?
基準値を高める方法の一つに、「コストをかける」をお勧めします。人は、お金をかけてはじめて本気になれる生き物なのですから。

 

関連記事

1日10秒で読めるメールマガジン

中小企業に特化したマーケティング&セールスがすべて学べる!
「客単価を倍にする一言」「口コミが生まれる5つの条件」「販促効果を倍増させる7種の限定性」「ニュースに取り上げられる8つの企画」「売れるネーミング7つの条件」「新商品をヒット商品にする2つの方法」「新規事業の成否を決める3要素」「集客商品に必要な5つの条件」など、商売に役立つ情報を毎日(365日間)配信。

今すぐ、ご登録を!