ブログ記事を「毎日更新する」と「毎日書く」は似ているようで違う

ブログを「毎日更新する」と「毎日書く」は、似ているようで違います。外から見たら、毎日更新しているように見えるブログでも、実は1日で7日分まとめて書いて予約投稿している場合もあるのです。「ブログは、毎日書いてその日に更新するもの」と思い込んでいた人にとっては、発想の転換になるかもしれません。

では、“毎日書くスタイル”と“まとめて書くスタイル”とでは、どちらのほうがブログを続けられるのか。適切なスタイルは性格や状況によって異なります。

前者(毎日書くスタイル)は、ルーチンワークで仕事をしたい人(またはルーチンワークの仕事をしている人)には向いています。
後者(まとめて書くスタイル)は、一日一つだけの仕事に集中したい人(または仕事時間を自分で割り振れる人)には向いています。

私は後者のタイプです。性格上、1日に2つも3つも仕事をしたくないのです。「今週は制作をする」「今週は記事を書く」というふうにしています。

それともう一つ、すきま時間が発生したら記事を書くようにしています。すきま時間とは、「クライアントの返事待ちの時間」「仕事がキャンセルになって空いた時間」などです。このような時間が生まれたときは、ブログ記事の作成に使うと決めています。

以上を参考に、あなたに合ったブログの書き方を見つけてください。

 

関連記事

5,000名が購読!! 1日10秒で読めるマーケッター養成メルマガ

中小企業に特化したマーケティングがすべて学べる!
「客単価を倍にする一言」「口コミが生まれる5つの条件」「販促効果を倍増させる7種の限定性」「ニュースに取り上げられる8つの企画」「売れるネーミング7つの条件」「新商品をヒット商品にする2つの方法」「新規事業の成否を決める3要素」「集客商品に必要な5つの条件」などの商売繁盛に役立つノウハウを毎日(365日間)配信。

今すぐ、ご登録を!