WEBコンテンツは、定期的に編集・校正をしよう

WEBコンテンツは、定期的に編集・校正をしたほうがいいです。理由は3つあります。

1つ目は、コンテンツの質が高まるからです。時間を置いて見直すと、無駄な文言や誤字脱字が見つかります。これらを編集・校正することで、より洗練されたコンテンツになります。

2つ目は、SEO的にも効果があるからです。Googleは、ページ単位の「更新」も評価の一つに入れています。ページが更新され、かつ、コンテンツが優良になっていれば、評価は高まります。

3つ目は、文章力の鍛錬になるからです。文章力は、削る作業をしないと鍛えられません。定期的に自分の文章を見直すことで文章力が鍛えられます。

本来、書いた原稿は最低でも3日間は寝かせて、その後に見直したほうがいいです。そのほうが、客観的に文章が読め、無駄な文言や誤字脱字に気づけます。しかし、大抵のWEBコンテンツは、書いた日にアップされています。そのため、無駄な文言や誤字脱字をどうしても見落としてしまうのです。

私は、定期的にWEBコンテンツを見直す目的もあって、Facebookページに過去記事を投稿しています。誰かが読むだろうと分かっているため、投稿前に自然と見直ししてしまうのです。すると、おかしな部分が見つかり、その都度、編集します。こういった「仕組み」を何かしら用意しておくといいでしょう。

もし、WEBやブログ記事に書くネタがなく、時間をもてあましているのであれば、編集・校正に力を入れてください。膨大な量があるのであれば、アクセスの多い順に直していくといいでしょう。訪問してくれたユーザーに満足してもらえるよう、WEBコンテンツのメンテナンスを心掛けてください。

 

関連記事

5,700名が購読!! 1日10秒で読めるマーケッター養成メルマガ

中小企業に特化したマーケティングがすべて学べる!
「客単価を倍にする一言」「口コミが生まれる5つの条件」「販促効果を倍増させる7種の限定性」「ニュースに取り上げられる8つの企画」「売れるネーミング7つの条件」「新商品をヒット商品にする2つの方法」「新規事業の成否を決める3要素」「集客商品に必要な5つの条件」などの商売繁盛に役立つノウハウを毎日(365日間)配信。

今すぐ、ご登録を!