WEBコンテンツを量産する方法

WEB集客するためには、WEBコンテンツ(ブログ記事)の執筆は必須です。
ここで、多くの人が必ず直面する悩みがあります。それは、「ネタ切れ」です。

はじめは、自身の専門知識をネタに記事が書けるのですが、途中で尽きてしまいます。するとどうなるでしょうか。往々にして、どうでもいい記事を書き始めます。最近観た映画や読んだ書籍の話など。次第に専門性も方向性も失っていき、最後には飽きて開店休業状態に陥ります。

では、どうしたらネタ切れにならないのか。方法は一つだけあります。それは、「同じネタを書き続ける」です。
「同じネタ書いてどうするんだよ」というツッコミは当然想定済みです。私が言いたいのは、“表現を変えて何度も伝える”ということです。

話は少しズレますが、ハリウッド映画を観たことはありますか。当然、あると思います。ハリウッドと言えば、巨額の予算をかけたアクション映画が印象的ですよね。実は、すべてのアクション映画は全部同じネタです。「悪者とヒーローが出てきます。悪者は陰謀を企て、ヒーローはその陰謀を阻止しようと奔走します。色々ピンチに遭いますが、最後にはヒーローが悪者を倒して、はい、平和」。大概このパターン(構造)です。しかし、すべて違った映画として人は観ています。なぜでしょうか? 表現が違うからです。

私には、自身が提唱するマーケティング理論があります。
その理論に基づいた話を何度もコラムにして書いています。事例や表現、切り口を変えて。そのため、ネタが尽きません。一つの理論で、何記事でも書けるからです。

同じネタを何度も書くのには、意味があります。
まず、読者の理解が深まります。理論を一度説明したぐらいでは、誰も理解できません。表現を変えて、何度も伝えて、ようやく理解してもらえるのです。また、説得力も増します。記事を書くたび事例を変えれば、理論の論拠が増える形になります。読者からすれば、「これだけ実績や事例があるのだな」と受け取り、あなたの言葉を信じてくれるのです。

本当の問題は、「ネタがない」ではありません。表現力がないのです。
違う切り口、違う事例、違う比喩で表現できないかと考えてみてください。そう考えるだけでも、新しいコンテンツが思いつくようになります。表現力を身に付ければ、同じネタを何度も使い回して記事が書けるようになるのです。

 

 

関連記事

1日10秒で読めるメールマガジン

中小企業に特化したマーケティング&セールスがすべて学べる!
「客単価を倍にする一言」「口コミが生まれる5つの条件」「販促効果を倍増させる7種の限定性」「ニュースに取り上げられる8つの企画」「売れるネーミング7つの条件」「新商品をヒット商品にする2つの方法」「新規事業の成否を決める3要素」「集客商品に必要な5つの条件」など、商売に役立つ情報を毎日(365日間)配信。

今すぐ、ご登録を!