起業家に最も必要なものは「情熱」

「起業家に最も必要なものは何か?」と問われれば、私は「情熱」と答えます。もちろん、才能や戦略、運といったものも大切です。しかし、それらがあったとしても、仕事への情熱がなければビジネスが結実することはありません。

情熱は人の内面に存在しているため、測ることはできないと思われるかもしれません。実は測ることは可能です。情熱は必ず外に発露されるため、そこに注目していればわかります。その指数となるのが「時間」です。どれだけ仕事に時間を投入しているかを見ます。

ランチェスター戦略では、起業1年目の仕事時間は1日15時間以上、年中無休を是とし、それ以下は倒産予備軍扱いです。これを目標にして仕事に励むのもいいですが、本当に情熱を持っている人は、この話を知らなくても、1日15時間ぐらい普通に仕事をします。有名なイラストレーターの中村佑介さんは、1日18時間仕事をして8時間寝ているそうです。1日2時間ずつズレていくため、曜日感覚もなくなるみたいです。

起業時に「生産性」などと言い出す人は、見込みがありません。1時間当たりの生産性を意識すること自体は否定しませんが、生産性を高めて労働時間を短くしようとする考えは否定します。きつい言葉を言えば、情熱が足りないから時間を短くしようと考えるのです。情熱を持って仕事をする人は、1時間でも長く仕事をしたいと考えるものです。

起業家として突き抜ける人は、普通の人とは生きている世界が違います。普通の人は、人生の中に仕事があります。起業家は、仕事の中に人生があります。ここが、凡人と非凡の別れ道だと私は思っています。

さて、あなたはどちらでしょうか。

 

 

関連コラム

起業家に必要な「情熱」は、どこからくるのか

 

関連記事

5,700名が購読!! 1日10秒で読めるマーケッター養成メルマガ

中小企業に特化したマーケティングがすべて学べる!
「客単価を倍にする一言」「口コミが生まれる5つの条件」「販促効果を倍増させる7種の限定性」「ニュースに取り上げられる8つの企画」「売れるネーミング7つの条件」「新商品をヒット商品にする2つの方法」「新規事業の成否を決める3要素」「集客商品に必要な5つの条件」などの商売繁盛に役立つノウハウを毎日(365日間)配信。

今すぐ、ご登録を!