新規事業の責任者は、誰に任せればいいのか

新規事業を立ち上げる際、責任者(リーダー)を決めなくてはいけません。能力のない人ややる気のない人に任せてしまえば、どんなに優れたビジネスモデルでも失敗します。では、誰に任せたらいいのか。中小企業の場合、新規事業の責任者に相応しいのは、次の3人です。

1、社長
既存事業が社長なしで回るようになっているなら、新規事業の責任者は社長がしたほうがいいでしょう。社長は能力や責任感、やる気が社員とは比べものにならないほど高いからです。社長が責任者になるのが成功率は一番高いです。

2、次期社長候補者
大抵は、御子息が次期社長候補だと思います。次期社長の経営手腕を試す意味でも新規事業を任せてみるとよいでしょう。新規事業を通じて、事業を興すことの大変さを体験させるのは、後々必ずプラスになります。経営能力を磨く場としては打ってつけです。

3、幹部候補者
新規事業は、収益を生む大切な事業であると同時に、携わった人間を育てる場でもあります。見込みのある従業員がいれば、その人を責任者として任せてみるといいでしょう。一度任せたら、責任者に全ての権限を委ねます。社長が首を突っ込むと、責任者のやる気は下がり、成長する機会も失います。社長は、計画の進捗を見る程度に留めてください。

2と3の留意点は、「失敗しても罰則がないことを約束する」と「成功したときの見返りを約束する」です。新規事業は、成功よりも失敗する確率のほうが高いです。失敗したからといって罰則を与えたり、評価を下げたりしてしまうようだと、誰もやりたがりません。加えて、事業が上手く行ったときの利益配分を明確にしておきます。新規事業を軌道に乗せたのに給料がそのままでは、モチベーションが維持できません。いつか不満の種になり軋轢が生じます。

「責任者の成長&意欲」と「事業の成長」は両輪です。責任者の成長&意欲を促せなければ、事業の成長もありません。ぜひ、参考に取り組んでください。

 

 

関連教材

既存事業も儲かる‼ 独自性のある新規事業の立ち上げ方

 

関連記事

5,000名が購読!! 1日10秒で読めるマーケッター養成メルマガ

中小企業に特化したマーケティングがすべて学べる!
「客単価を倍にする一言」「口コミが生まれる5つの条件」「販促効果を倍増させる7種の限定性」「ニュースに取り上げられる8つの企画」「売れるネーミング7つの条件」「新商品をヒット商品にする2つの方法」「新規事業の成否を決める3要素」「集客商品に必要な5つの条件」などの商売繁盛に役立つノウハウを毎日(365日間)配信。

今すぐ、ご登録を!