YouTubeを集客に活用する

近年(2014年)、YouTubeマーケティングが流行り始めました。
見込み客が検索しそうなキーワードに合わせて動画を撮影し、YouTubeにアップ。そうすることで、YouTubeからWEBサイトへの流入が増やせるというものです。

スマホ一つあれば、簡単に撮影してアップできるため、誰でも活用できるマーケティング手段として今注目を集めています。特に、活字よりも映像を見せたほうが商品価値が伝わりやすい商材には有効です。
YouTubeを集客の一環として取り入れている企業はまだまだ少ないため、2015年中に始めた人は、先行者利益にありつけるでしょう。

さて、YouTubeマーケティングを始めるにあたって、大きな障壁があります。
それは“恥ずかしさ”です。「顔を出したくない」といった照れや恥じらいが多くの人の行動を妨げています。

YouTubeには、必ずしも顔を出す必要はありません。
たとえば、エステサロンであれば、施術風景を撮影すればいいのであって、施術者の顔を出す必要はないのです。リフォーム店であれば、リフォームしている様子やビフォーアフターを撮影すればいいのであって、これも顔を出す必要はありません。
もちろん、顔を出したほうが良い印象を与えます。しかし、それが障壁となって行動しないというのであれば、無理に顔を出さなくてもいいでしょう。

「では、士業などの“人”が商品の場合はどうするの? こればかりは、顔を出す必要があるでしょ?」という疑問の声もあるかもしれません。しかし、これも顔を出さずにノウハウやサービスを紹介することは可能です。世の中は便利なもので、パソコン画面をキャプチャ録画するソフトがいくつもあります(無料ソフトも数多くあります)。パソコン上の映像を見せながら、音声で解説した動画をアップすればいいのです。
このようにすれば、顔を出さずとも動画をYouTube上にアップすることが可能になります。

旧来、WEB上での情報発信は、活字や写真がメインでした。動画はどうしてもプロの手を借りなくてはいけませんでした。しかし今では、誰でも簡単に撮影できてアップもできます。この技術の発展を使わない手はありません。

YouTubeマーケティングは、今後も伸びていきます。競合よりも早く取り入れてみてはいかがでしょうか。

 

関連記事

1日10秒で読めるメールマガジン

中小企業に特化したマーケティング&セールスがすべて学べる!
「客単価を倍にする一言」「口コミが生まれる5つの条件」「販促効果を倍増させる7種の限定性」「ニュースに取り上げられる8つの企画」「売れるネーミング7つの条件」「新商品をヒット商品にする2つの方法」「新規事業の成否を決める3要素」「集客商品に必要な5つの条件」など、商売に役立つ情報を毎日(365日間)配信。

今すぐ、ご登録を!