売れるキャッチコピー13の法則

「うまいキャッチコピーが浮かばない」
そんな方のために、13通りの売れるキャッチコピーを用意しました。
事例も紹介していますので、参考にしてください。

 

 

情報販売・資料請求に使えるキャッツコピー


法則1  具体的なノウハウを伝える

よく使われるキャッチコピーです。
数字も入れると、さらに魅力的なキャッチコピーになります。

具体例としては、
「引き寄せの法則」
「売れる営業の鉄則」
「〇〇で失敗しないための7つの自己防衛策」
「続ける技術」

そのほかのキーワード
理由、 方法、 原因 、真実、 法則、鉄則、 原則、要素、ステップ、心得、 技術、ツボ、重要事項

 

 

法則2  勝ち組み・負け組み

雑誌などでよく見かけるキャッチコピーです。
それだけ反応が良いキャッチコピーというわけです。

具体例としては、
「○○を買って得する人、損する人」
「金持ち父さん、貧乏父さん」
「○○をして成功する人、失敗する人」

 

 

簡単に誰でも使えるキャッチコピー


法則3  「無料」「安い」を前面に出す

「無料」「安い」は、強力なコピーです。
上手に使うことができれば、集客や販促に絶大な効果を与えます。

具体例としては、
「○○についての小冊子を無料進呈」
「期間限定で○〇をプレゼント」
「3本買ったら1本タダ」
「先着○○名様だけに30%OFF」

そのほかのキーワード
無料、進呈、プレゼント、タダ、ゼロ円、激安、○%OFF、最安値、超特価、閉店セール、1コイン、値下

※「無料」「安い」を使う際、なぜ無料なのか、なぜ安いのかを説明することが大切です。
ただ「安い」「無料」というだけでは、今の消費者は反応しません。
理由を書くことで、「無料」「安い」といったコピーに魅力が生まれます。

 

 

法則4  希少性を強調する

これも、よく使われるキャッチコピーです。
希少価値が高いものなどは特に効果的です。
本文中には、なぜ希少であるのか理由を書くようにしてください。
信憑性が増し、反応が上がります。

具体例としては、
「○○個限定です」
「1ヶ月5社限定」
「今回で最後です」

 

 

法則5  保証を強調する

お客様はどんな不安を抱えているのか。
それをどうしたら解消できるのかを考え、保証を設けるようにしてください。

具体例としては、
「不満足の場合、全額返金します」
「見学会での売り込みは、一切しないことを保証します」
「購入後、営業電話を一切しないことを保証します」
「がっかりされた方には迷惑料として2,000円お支払いします」
「ご満足頂けなかった場合、全額返金と迷惑料○○○○円お支払いします」

 

 

法則6 数字を強調する

強みを数字化できるのであれば、キャッチコピーで活用できます。
細かい数字を書くことで信憑性が増します。
数字は、事実を書くようにしてくださいね。

具体例としては、
「リピート率91,6%」
「販売数125732個」
「満足と答えた方 98,1%」

 

 

法則7  お客様の声

どんな商品にも使える便利なキャッチコピーです。
特にウォンツ商品には、かなり有効です。
お客様の名前、住所などの情報を載せることで説得力が出ます。

具体例としては、
「本当に感動しました」
「これほど違うものかと驚きました」
「頭をハンマーで殴られたぐらい、衝撃的でした」

 

 

法則8  呼びかける

これは、かなり便利なキャッチコピーです。
悩みを解消する商品にはなんでも使えます。

具体例としては、
「○○でお悩みの方へ」
「あなたも○○をしたいと思いませんか?」
「最近、朝起きるのがつらい方へ」
「小学生のお子様をお持ちのお母様へ」

 

 

条件を満たしていると使えるキャッチコピー


法則9  ニュース性

「新」「初」に関わるワードを使って書くキャッチコピーです。
このキャッチコピーも安定して反応を取れます。
キャッチコピーの頭に「新開発!」「新発売!」「発掘!」「号外!」「告白!」 を使えば、ニュース性のあるコピーになります。ただし、本当にニュース性がないと使えません。

具体例としては、
「世界初の3Dテレビ」
「告白!元探偵が教える浮気を見抜く方法」
「新技術のテクノロジーを使った○○を発売」

 

 

法則10  分かりやすい

テレビや本で良く使われるキャッチコピーです。
分かりやすいことが「売り」であれば、活用してください。

具体例としては、
「子供でも使える○○」
「経済のニュースがよくわかる」
「サルでも分かる○○」
「小学生でも分かる○○」

 

 

法則11  ランキング

商品がたくさんあると、選ぶだけでエネルギーを使います。
商品選びに迷うと、お客様は購買をしなくなります。
ランキングを伝えることで、商品を選びやすくしてあげます
すると、選ぶストレスから解放され、購買へと繋がるのです。

具体例としては、
「今週の売上ベスト10!」
「○○部門で第一位」
「3年連続NO.1!大人気です!」
「売上NO1の○○」
「日本一」「世界一」

 

 

少しレベルの高いキャッチコピー


法則12  なぜ?

「なぜ?」を使うことでお客様の興味を引きます。
ただし、「なぜ?」の内容に共感されなければ、効果はありません。
共感されれば、効果の高いキャッチコピーになります。

具体例としては、
「なぜ、あの人は10歳若くみられるのか?」
「なぜ君は絶望と戦えたのか」
「なぜ頑張っている人ほど上手くいかないのか?」
「なぜ目標は達成されないのか?」

 

 

法則13  認知的不協和の見出し

常識とは違うことを言われると、気になってしまいます。
従来の商品と差別化できるのであれば、
少しひねって認知的不協和を生むコピーを考えてみるのもいいかもしれません。

具体例としては、
「お客様満足度は上げるな」
「社員のモチベーションは上げるな」
「成功するのに、目標なんかいらない」

キャッチコピーの書き方は以上になります。
参考にしていただければ幸いです。

 

関連ノウハウ

CVR2%を維持しているLPの秘密

キャッチコピーへの誤った考え方

セールスライターが教える! セールスコピーの心得

売れるセールスレター7つの原則

返金保証(リスク・リバーサル)を設ける3つの理由

メリットとベネフィットの違いについて

 

 

1日10秒で読めるメールマガジン

中小企業に特化したマーケティング&セールスがすべて学べる!
「客単価を倍にする一言」「口コミが生まれる5つの条件」「販促効果を倍増させる7種の限定性」「ニュースに取り上げられる8つの企画」「売れるネーミング7つの条件」「新商品をヒット商品にする2つの方法」「新規事業の成否を決める3要素」「集客商品に必要な5つの条件」など、商売に役立つ情報を毎日(365日間)配信。

今すぐ、ご登録を!